スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「エレーヌ・ベールの日記」読後メモ

 2010-06-16
さて、「エレーヌ・ベールの日記」です。

エレーヌ・ベールの日記エレーヌ・ベールの日記
(2009/10/29)
エレーヌ・ベール

商品詳細を見る


これは、ユダヤ系フランス人女性エレーヌ・ベールが、1942年4月7日から1944年2月15日まで綴った日記です。これを書き始めたとき、彼女は21歳。みずみずしく、少し内気でためらいがちながらも自分なりに熟考し、しかしときには大胆に行動し、パリの美しさと田舎の自然を愛した彼女の人間像が、日記を通して伝わってきます。時代は第二次世界大戦の真っ只中、ドイツに占領されたフランスではナチスの政策によりユダヤ人迫害が行われており、エレーヌ・ベールもその対象でした。だから、楽しいことばかりではなく、彼女の哀しみ、苦悩、絶望、怒りなどが率直に書かれています。実は途中、9ヶ月ほど中断されていますし、毎日は書いていません。しかしそれだけに、書きたい気持ちを押さえきれないとき、書き残さなければいけないという使命感で筆をとるときに綴っており、かなり濃密な日記です。

「エレーヌ・ベールの日記」読後メモ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。