スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ダニエル・ベンサイドの死とACT UP

 2010-01-24
ダニエル・ベンサイドの訃報の数日後、RUE89にまたもや彼に関する記事が。

ベンサイドが亡くなったのは「長い病気の末」というふうに、どの新聞でも記述されていて、何の病気だったのかは明確にわかりませんでした。唯一、Humaniteが「癌」と書いていたのですが。
実は、ベンサイドはエイズに感染していたのだそうです。

それを公表したのは、エイズに対する偏見をなくし、エイズに対する理解を求めようという団体、ACT UP。
ACT UPは、ダニエル・ベンサイドの死がエイズに起因するものであるのに、そのことに全く沈黙を保っているメディアに対しての怒りを表明。彼らが掲げる「silence=mort(沈黙=死)」を前面に出し、ベンサイドの病気に対して無言なメディアを批判しました。彼らによれば、死因がエイズであることを公表しないことは、エイズに対する差別的偏見が80年代から全く変わっていないことの表れ、とのことですが…。

正直、私はダニエル・ベンサイドがエイズだったことを知らなかったので、ショックでした。
ずいぶん昔に彼の講義を受けたことがある私は、まず、「いつから?」という問いが頭の中に浮かびました。私が講義を受けていた年、鼻の手術のためと言って休講したことがあったし、その翌年も忙しいとかで修士の学生の面倒見もあまり良くなかったのだけど、それは体調が優れなかったせいもあったような覚えがあるので、長いこと健康面で問題があったのかな、と思っていました。しかし、その頃からエイズだったのだろうか…。だとしたら、本当に長い間、大変な思いをしたのだろうな、という思いが、まず駆け巡りました。
ショックだったのは、そういうこと。ベンサイドに直接会っていたわけではないけれど、自分が「知らなかった」こと、彼が生きていた間にその生活の大変さをはかり知れなかったこと。
それは、ACT UPが心配するような「80年代から変わらない偏見」のせいではありません。

しかし、ベンサイド自身、ほとんど彼の病気について公表していないのです。
もしメディアが死因について触れていないのだとしたら、それは本人や近親者の意思によるものだと思うのです。そして、それには色々な理由があるのかもしれません。
だから、ACT UPのやり方は、ちょっと暴力的で感心できませんでした。
まあ、テロ的手法というか、人々に訴えかけるためには、反エイズ差別団体としてそういうやり方も効果的なのかもしれませんが…。

結局、ダニエル・ベンサイドの妻が、公表に際しての了承を打診されていないということで、ACT UPに苦言を呈しました。
ACT UPも、家族の了承を得ずに声明を出してしまったことを反省しているようです。しかし、声明の取り消しはありません。

実際、私もエイズについて知らないことが多いような気がします。でも、どうしてそんなに偏見があるのかよくわからない。「偏見」って、どういう偏見なんだろう?「触っただけでうつる」とか、そういう誤解に基づく偏見?それとも「同性愛者だけが感染する」という偏見?ある程度、エイズに対する知識は広まっていて、そんな偏見はもうないと思っていたのだけど…。

逆に「誰もダニエル・ベンサイドがエイズで亡くなったということに触れないのは、エイズが恥ずかしいことだと感じているからだ」と非難するACT UPこそ、80年代の偏見観念から脱していないのではないか、という気がします。

でも本当は、私が知らないだけで、もし実際に自分がエイズになったら沢山の偏見にぶつかるのかもしれません…。

関連リンク↓
Daniel Bensaid est mort du sida, rappelle Act Up
Fallait-il reveler que Daniel Bensaid etait malade du sida ?
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。