スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コミュニズムの新たな可能性?(軽く雑感)

 2009-05-18
今回の経済危機は深刻だという警告が発せられて久しいが、この前ロンドンで行われたG20の頃から「もう資本主義の限界ではないか」「まだ資本主義は存続しうるか」という話が出てきていて(といっても、私には具体的なタームがわからなくて、あんまり理解できなかったのだが・・・)、「そこまできてんのか」とちょっと驚き。

RUE89で、最近マルクスの「資本論」が売れているという話が載っていた。でも古典だし、本当は継続的にそこそこ売れていて、何かの経済的な問題が起きると「マルクス『資本論』への回帰」みたいな現象が起きるらしい。日本ではマンガが出ているんだってね。(そういえば、「蟹工船」がすごい売れたんだったっけ。)

まあつまり、資本主義に疑問を感じて、マルクスの分析を読み返そう、ということなのだと思うけど。

democratie dans quel etat?ついこの前、アマゾンで本を検索してたらたまたま「Democratie, dans quel etat?」という新しい本を発見。ジョルジオ・アガンベン、アラン・バディウ、ジャック・ランシエール、スラヴォイ・ジジェクといった顔ぶれで、思わず購入。どんな中身かわからないまま注文したので、早く手にしてみたかったが、なぜか到着にやたら時間がかかってちょっと苛立った。大統領選のときにさかんに「デモクラシー」がキーワードになっていたが、あんまり吟味されつくされなかった感じがして、というか単に自分の勉強不足なんだけど、「いまだにやり残した宿題」みたいな気分で、「いまさら」というか、自分のいつもの怠慢さを喚起させられたくないためにできれば振り返りたくない課題のような気もしたのだけど、どんなことが議論されているのか興味をひかれたので、買ってみようという気になった。読むのが遅いのと、まとまった時間があんまりないのとで、今のところとりあえず最初の二つ、アガンベンとバディウを読んだ。アガンベンは、非常にわかりやすくまとまっていたのだが、バディウの方ははっきりわからないところもあった。バディウのテキストは、デモクラシーが世界の支配的勢力のイデオロギーであることへの批判から始まって、プラトンを参照にしつつ、際限がなく欲望に動かされるという原則や、市民の浮気で軽薄な政治参加などに言及、最後に「デモクラシーの反対のもの」の推奨、つまりコミュニズムに新しい希望があるということで締めくくられる(読み間違いがあったらごめんなさい)。そういやバディウって最近、やたらコミュニズム(ここではあえて「共産主義」と言いません)推奨してたなと思い出しつつ、「結局そういうオチなのね」とちょっぴりズッコケな可笑しな気分で読み終えた。(余談だが、今バディウが取り掛かっている最中だというプラトンの「レピュブリック」の翻訳が斬新すぎる。いやあ、面白い。)

ところで、フランスで若松孝二監督の「実録・連合赤軍」が公開されている。見た人の感想を聞くと、どうも「実録」というにはかなり語弊のある映画のようだ。予告編もネット上で見たけれど、リンチ事件があったことを知ってはいても、暴力性・残虐性かなり強調されて描かれているような印象を受けて、映画館の座席でじっと直視させられるのは辛そうな感じ。(つまり私は見に行かないと思う。)それだけでなく、見た人によればどうも納得のいかない映画だったみたいだが、それは「構造的な反省がされていない」ということらしい。そういわれてみれば、この映画に限らず、どうして学生運動があさま山荘事件に辿り着いてしまったのか、振り返って分析するということは表立って十分になされていないのかもしれない。日本社会で目立ってそれがなされなかったために、いつまでも「共産主義=全体主義」という偏見を脱しきれないのではないか(反省うんぬんより以前に資本主義的イデオロギーに抹殺されてたんだろうけど)。社会運動がああいう方向にいってしまったし、冷戦を背景にアメリカのイデオロギーに鼓舞させられて、日本では共産主義がやたらと冷視されているけれど、コミュニズムについて考え直す必要性はあって、今、それがやっと可能になってきた感じはするのだけど、どうか。

それにしても、「実録・連合赤軍」の音楽がジム・オルークでびっくり。サントラ盤、良さそうな気がするので見つけたら買おうかと思うのですが、どうですかね?
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。