スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

危機というか

 2009-03-13
経済危機と叫ばれている昨今とはいえ、庶民クラス(慎ましく堅実に、株なんかやらず・・・っていうかそんな資金ないし)まで打撃が及んでいるような実感はない私です。みなさんはどうですか。

っていうか、なんか仕事がすっごい忙しいんですけど。どこが経済危機ですか?って感じで。思うに、ゴージャスな暮らしをしていた金持ちクラスが格を下げた恩恵を受けているのではないか・・・。うーん。続くのかな、これ。

もちろん、工場閉鎖のニュースなど聞くと、「ああ、株で損した人だけの話じゃない」と暗い気持ちになりますが。

まあ、これからじわじわくるんでしょうね。どうしましょう。

といって、特に備えているものは何もなし。

それよりも、フランスの場合、社会的危機の方が問題になってきたようです。経済危機とつながっている点もありますが、政府への不満が膨らんできたのが表に出てきちゃった。

私が日本に帰っていた間に、大学教職員・研究員らの大型デモなどが起こったそうで、このところニュースをあんまり追っていなかったせいもあるけど、パリにいる友人からメールでそれを知らされて寝耳に水。そして、学生らも参加して運動がふくらみ、たびたび大きなデモが行われているようです。これにはさすがに政府も譲歩の姿勢を見せていて、最終的にはだいぶ退くことでしょう(と期待)。

しかし、大学関係者といった一部のカテゴリーの人々だけではなくて、もっと一般的に政府への不満が広がっている感じがします。

それは、2月半ばだったか、大統領がロレックスをこれみよがしに身につけていることについて、サルコジの側近(セガラ?)が「50歳を過ぎてロレックスも持てないような男は負け組みだ」みたいなことを言って、会う人会う人がそのコメントについて怒りをあらわにして「もう本当にこんな人たちに政治を任せているのはつくづく嫌になった」とこぼしている辺りで、「ああ、さすがにここまできたか」という感じ、つまり、政府に対する不満が広まり且つ深まってきて切羽詰ってきたな、という感じがしたわけです。

で、こういうときにそんなことしたらまた裏目に出るんじゃないの、と思ったのが、ナディン・モラノ。デイリーモーションにアップされている動画についたコメントの中に彼女を侮辱するものがあったとかで、それを書いた人のIPを調査して訴追する構え、というニュース。

もともと嫌いですけどね、このひとのことは。どの程度の侮辱かわからないけれど・・・なんつーか・・・・・・。
動画もアレだし・・・(一言でいえば、「ナディン・モラノって嘘つき!」という内容)。

デイリーモーション側によると、政治家で訴えを起こそうということでコンタクトしてきた人は初めてだそうです。そりゃ、いちいちチェックしてたら、サルコジとかロワイヤルとかはもう大変でしょうね。

でも、侮辱コメントが出た場合、対象となった当人から依頼があれば削除することになっているとか。今回は削除する依頼は出ていないそうで、相変わらずサイト上に残っているそうです。おまけに、これがニュースになったおかげで、動画と問題のコメントが、今まで以上に多くの人に見られているという・・・。

また、ル・モンドのWEB上の記事によせられたコメントは、どれも彼女を馬鹿にしたものばかり。私も久々に「呆れて物が言えない」って思いました。

ほんと、危機だよ、これ。危機なんだよ!もう。

っていうか、もうずっと前から「デモクラシーの危機だ」とかささやかれていたし、こういう「呆れて物が言えない」っていうニュースには何度も出会ったというのに、やっと今頃になって切羽詰ってきた状態っていうのが歯がゆい。

ま、経済危機もおんなじようなもん(本当に切羽詰ってくるのはもっと後)なんだろうな~。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。