スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

生酒のこと、「和製シャンパン」のこと

 2009-03-15
先月(2月)前半、2週間、京都に滞在してました。週貸しの古い一軒家に、普通に暮らしているみたいな滞在。スーパーや錦市場で地元特産物(京野菜や豆腐、湯葉・・・)を買って料理もできたし、出かける支度をしている合間に洗濯してバルコニーに干して出かけられたし、ホテル住まいと違って自由がきくので快適でした。で、居心地良すぎて、ついつい朝はゆっくり過ごしてしまい、出かけるのが昼過ぎになって、冬だから日が短いしお寺や神社の拝観時間は5時くらいまでだから、思ったほど観光はできず。でも、その分、夜はおうちでゆっくりお酒三昧。(そして寝るのが遅くなり、また朝が遅くなる・・・という悪循環。)お酒といっても、日本を旅行するからにはやっぱり日本酒です。

で、今回、ナチュラル・ワイン愛好家のEと私は、生酒をぜひ飲んでみたかったのですが・・・やっぱり美味しいですねー。これはパリではなかなか飲めない。

といっても、日本酒のことは詳しくない私。山廃とかひやおろしとかも全然わかりませんし、そのうえ恥ずかしながら、「生酒」は「なまざけ」と読むのか「きざけ」と読むのかすら怪しくなり・・・「あれ?どっちだっけ?」と冷や汗。大辞林で調べたら、どちらも読み方としては合っていて、「きざけ」は「混ぜ物のない純粋の酒。生一本の酒」だそうで、「なまざけ」は「もろみからしぼったあと、一切加熱処理をしていない清酒」だそうです。一応、違いがあるのかな・・・?まあ、私たちが求めていたのはどちらかというと「なまざけ」の方ですね。加熱されていないしぼりたてのお酒を飲んでみたかったのです。

Eは、出発前から日本で日本酒を味わうことをとても楽しみにしていて、インターネットで仕入れた情報から「にごり酒」に興味津々、絶対に飲もうと決めていたみたい。それも、「発泡性のあるにごり酒」なるものの存在をどこかで聞いてきて、それがお目当て。純米吟醸とか大吟醸とか、そういうカテゴリーなんかの基本的知識をすっとばしちゃってます。

とはいえ、私はそんなお酒のことは聞いたことがないので、本当に見つかるのか半信半疑でした。Eは日本語が全く話せないなので、酒屋で仕方なく通訳、(半分いやいやながら)おずおずと「発泡性のあるにごり酒はありますか?」と聞いてみる。すると・・・意外とあっさり見つかったのでした。

酒屋によっては「和製シャンパン」というポップがうってある。

とある酒屋のお兄さんが説明してくれたところによると、発泡性のあるにごり酒が市場に出回るのは季節が限られているそうなのですが、「月の桂」だけは一年中手に入るのだそうです。「月の桂」は、大醸造にごり酒、純米にごり酒、純米吟醸にごり酒、と三段階あり、もちろん最後のやつが一番お高い(720mlで2400円くらいだったと思います。)でも味・風味と質は格段に違います!やっぱり純米吟醸が一番おいしい。そして発泡性も純米吟醸が一番高かったです。栓を開けるとき、突然ぷしゅーっとあがってくるので、本当にゆっくりと、何度も閉めたり開けたりを繰り返しました。そして、最後まで泡が残ってる。大醸造だとそんなに発泡性はなくて、「シャンパンって言うにはちょっと・・・」って感じでしたが。

パリに帰ってきて「にごり酒が飲みたい~」と嘆くE。パリだと、ISSE WORKSHOPで良いお酒が見つかるようですが・・・なにぶん高くて・・・・・・。また次、日本に行くまで我慢かな~ (^^;)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。