スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「Andre Cadere, Peinture sans fin」 ~アンドレ・カデレ、終わりなきペイント~

 2008-05-19
1週間ほどの前になりますが、ギリギリの最終日、パリ市立近代美術館で行われていた「Andre Cadere, Peinture sans fin(アンドレ・カデレ、終わりなきペイント)」展をみてきました。(もう終わってしまって、情報的にとっても遅すぎるのですが…こういうアーティストがいるということを私自身知らなかったのと、この展覧会がとてもよかったので、メモしておきたいと思います。)


cadere-portrait_ar.jpgアンドレ・カデレ(Andre Cadere)はルーマニア人。1934年、ワルシャワ生まれ。1967年にパリに移り、同じくルーマニア出身のイジドール・イズー(Isidore Isou)をはじめ、レトリスム(lettrisme)の仲間たちと交流。また、ミニマル・アート、コンセプチュアル・アートなどを踏襲する芸術家たちと知り合い、ネットワークを築いた。1969年、色を塗った竿のような細い棒を作品として発表。それが円筒をつなげた作品のアイデアの基点となった。

彼の作品は、木の円筒で出来ている。各円筒は、高さが底辺の直径と同じサイズになっている。そして、理論的にはそのサイズに際限はないが、円筒をつなげたバー(棒)がアーティスト(アンドレ・カデレ)自身に持ち歩ける長さ、重さに作られる。

バーは、黒・白・黄・オレンジ・赤・紫・青・緑の8色のうち、3~7色で構成される。構成する各色には番号が割り振られ、それによって色が配置される。その配置にはAとBの2種類の規則があり、Aでは5種類、Bでは2種類のバリエーションがある。
A-1:3色12円筒 123/231/312/123
A-2:4色20円筒 1234/2341/3412/4123/1234
A-3:5色30円筒 12345/23451/34512/45123/51234/12345
A-4:6色42円筒 123456/234561/345612/456123/561234/612345/123456
A-5:7色56円筒 1234567/2345671/3456712/4567123/5671234/6712345/7123456/1234567
B-1:3色21円筒 123/213/231/321/312/132/123
B-2:4色52円筒 1234/2134/2314/2341/3241/3421/3412/4312/4132/4123/1423/1243/1234

しかしながら、ここに「エラー」が挿入され、色の配置転換が行われる。その場合、同じ色が続けてつながることはない。このエラーの挿入により、各カラーバーは個別的なものとなる。

cadere noir-blanc-rouge例えば、バーが黒(1)、白(2)、赤(3)の3色で構成される場合、B-1の配列によると、黒白赤/白黒赤/白赤黒/赤白黒/赤黒白/黒赤白/黒白赤というバーができるはずである。ここにエラーが挿入されると、実際にできるバーは右のようなものとなる。

アンドレ・カデレは、カラーバーを持ち歩き、公共の場に現れ、時には他のアーティストの展覧会パーティーに出かけていったりした。そして、カラーバーは様々な場所で恣意的に立てかけられる。このバーには、展示のための特別な場所も許可も、釘や額縁も必要ない。


05-cadere-s6b1_ar.jpg…という理論に基づいているのですが、展覧会を観る前、私にはこのコンセプトがいまいちよく把握できませんでした。でも、実際の作品群を見ると、一つとして同じ配色順のバーはなく、なんとなく「なるほど」と納得させられました。そして、コンセプトが理解しきれないとしても、バーの愛らしさと展示の仕方などに感動をおぼえました。

カラーバーに使われる色の濃淡は特に決められていないということでしたが、私にはどこなとなく70年代チックなカラー、そして日本では自然に出てこないであろう、ヨーロッパ的(それも東欧的な)の色合いに感じられました。

特に印象的であったのは、アンドレ・カデレがカラーバーを担いで街中をゆっくりと徘徊する映像。まるで彼の存在を象徴する道具(槍とか弓とか)を担いで荒野をさまよう孤独なインディアンのようでした。そして、そのシンボルと共に歩くインディアンは、他の生き物たちと距離をもち、彼らに無関心のようでありながら、自然の調和を保って溶け込んでいる孤高の存在者。…というのは言い過ぎでしょうか。

cadere avec un artisteしかしまた、アーティストたちに紛れ込んでいる写真を見ると、いつでもどこでもそのカラーバーを肌身はなさず持っている様子は、なんだかライナスの毛布のようでもあって、どことなく子供っぽさを感じたりして、ちょっと可笑しかったです。

今回の展覧会で最も感動した点は、常設展の中にまぎれてアンドレ・カデレのカラーバーがひっそりと展示されていたこと。例えば、マチスの「ダンス」の下に、まるで置き忘れたかのように立てかけられたカラーバーがあったり。まさに、どこにでも展示できるという、カデレのコンセプトが体現された展覧会であったと思います。

写真は以下のサイトから拝借しました。
art das kunstmagazin
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。