スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「それでも住みたいフランス」

 2008-05-02
以前から、いつかここで紹介したいなと思っていた本。
それでも住みたいフランスそれでも住みたいフランス
(2007/01/24)
飛幡 祐規

商品詳細を見る

今、手元にないのですが、日本に一時帰国して、特に東京都内でじわじわと精神的ダメージを受けた今回、この本のことを思い出したので、これを機会にご紹介したいと思います。

あとがきで著者の飛幡さんは「『これは私の知っているフランスとは違う』と思われる読者もいるかもしれない」というようなことを書かれていますが、逆に「これこそ私が知っているフランス、私の好きなフランス」と思う人もいるのではないかと思うし、実際に私はそう思いました。特に、私がこの本を読んだのは、サルコジが国家元首に選ばれたショックと、その後に続いた「アメリカ的な」功利主義が頭をもたげてきた雰囲気の中だったので、「そうだ、これがフランスらしさだ」とじわっと胸にきました。私にとっては「それでも住みたいフランス」というより、「だから住みたいフランス」です。

それは、たとえ日常生活での不便さがあろうとも、逆に「だから」と私は言ってしまう、そういうフランス。

フランスに住んだことのない人にとっては、なかなか理解できないところもあるかもしれません。でも、フランス人がいかにモノを買わないか、フランス人がときにアメリカ人や日本人に「偏屈」と見られるほどいかに「頑固」であるか…など、フランスの社会の内部について一般には報道されないことを知ってもらえると思います。

ただ、こういう視点で見たフランスが好きかどうかは、人によると思います。それは政治的指向も関係すると思います。
私はこの本に共感をおぼえるのと同じところで、chaosmosさんの最近の「左翼の日記」(前編)(後編)に共感をおぼえました。(特にBIO運動についての部分…って、そこ、ほんの一部だけど。)
すべてつながっているなあと思います。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。