スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

電車と本屋

 2008-04-30
久々に地元に帰って、駅ビルの中をうろうろし、「ずいぶんテナントが変わったな~」と思いつつ、ふと思い出して本屋に立ち寄ろうとフロアを移動。ところが、かつて本屋のあった場所はアクセサリーショップになっていた。そういえば、前回(2年前)来たときに、もうそこの本屋はなくなっていたかも。そこで、「たしか隣の駅ビルに入っている本屋は前回もまだ残っていたはず」…と、また移動。ところが、そこもお店が変わっていて、一応本は売られていたのだが、雑貨が基本な店になっていた。いや、いいんだけどね、そういう店のコンセプトは。だけど、私の欲しい本はそういうんじゃないの~~~!

で、ふと思った。「まともな本屋」が消えている?

駅からちょっと離れたところに大きなブックセンターはまだ残っているのだけど、小規模で、「通勤・通学などの移動途中にちょっと立ち寄る」客を対象にした駅ビル内の本屋が姿を消している気がする。

羽田空港で、「さすがに空港には本屋くらいあるよな」と思っていたのだが、搭乗ゲート付近に本屋が見当たらず。もしかしたら、保安検査を抜ける前にはあったのかな?

ところで、東京都内とその近郊を走る電車に乗っていて気づいたのだが、車内で本を読んでいる乗客がほとんどいない。たまに読書している人も見かけるのだが、読んでいる本はたいていビジネス書や実用書。

つまり、移動する間に本を読む人がいなくなって、それで駅ビルの小さくてまともな本屋が消えているのでは。本を読むということはそれなりの気構えが必要で、だから本を読みたければわざわざ駅から離れた大きなブックセンターに買いに行くし、そうでなければ本屋は必要ない…という状況になっているのだろうか。

そこかしこに映像が氾濫し、本が消えているような印象。
これって社会の精神に影響を及ぼすのではないだろうか。
知らず知らず何かを見せられ、何かを見ないで(視野から隠されているというか、見ないようにさせられて、または見せてもらってないもののことまで見たり気にしたりする余裕もなく)過ごしているような気がする。

ま、今は一時滞在なので、住んでいればまた違うのかもしれないけど。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。