スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

肉を再包装、再利用!?

 2008-03-27
今月25日、大手スーパーのカルフールとモノプリ、計113店舗で販売された2.5トンの牛肉が大腸菌に汚染されていたことが判明。販売元は消費者に「食べないように」と呼びかけ、回収をしています。でも、この問題の牛肉、賞味期限が3月17~18日のもの…って、もう食べてるんじゃないか、フツー?

この問題があったからか、デイリーモーションで、肉の再包装に関するルポルタージュの動画の注目度がアップ。現在、220万回以上リプレイされています。
すごいですよ↓

La Remballe en Boucherie
Uploaded by Brownsugar18

何がすごいって、肉屋さんの包丁さばきが美しいです。感心しました。

さて、この動画は、もともと地上デジタルテレビ局TMCが昨年の10月10日に放送したものだそうです。最初に放映されてからもうだいぶ時間が経っていますが、大変な反響があったそうで、TMCでも何度か再放送されたほど。動画共有サイトにアップされてからは、現在にいたるまで、更に多くの人が見ているようです。

ということは、ずいぶん前からこの手の話を見聞きしている人がたくさんいるはず。その割りにはあんまり騒がれない気がするけど…。

同居人にこの動画の話をしたら、「あぁ、みんなやってるでしょ。そこのスーパーもやってるよ、絶対」としらっとした返事。まあ、彼は以前から、いつも買い物に行くスーパーで「この店は絶対パックしなおして日付をつけかえてるよ」と言っていたしな。

っていうかさ、前からちょっと気になってたんだけど、お肉のパックの日付って「包装した日」になってるのよね。賞味期限もついてはいるけど。「仕入れた日」に包装するとは限らないだろうし、「保存していた肉を解凍した日」とかは書けないからかな?と思ったり。

同居人の意見は「でも、再包装してたって、まだ食べられるから肉屋だって売ってるんでしょ。だからいいんじゃないの?」
……。
まあ…そうかも……?
たしかにお腹をこわしたこともないしなあ。
む~ん。

あとは自分の判断でしょうか?においとか。
本能で勝負だな。

フランス滞在の他の日本人の方もそうだと思いますが、賞味期限は段々と「単なる目安」になりますね。貴重な日本食を賞味期限が切れてるからってそうそう捨てられないしね。

でも、加工品はさすがにちょっとわからないですね。スパイスなんか混ざっていると、色とかにおいとかごまかされるだろうし。動画の中のメルゲーズみたいに。

ところで、この動画を見た後のこと。
数日前、太腿を低いテーブルに激しくぶつけて内出血、今は紫色のあざができてるんですが、着替えていたところにちょうど通りかかった同居人が、それを見て「メルゲーズ」と指をさしてゲラゲラ大笑い。
色の悪いところは切り取ってメルゲーズかい。

もうスーパーの安売りメルゲーズは買うのやめよっかな…と思いました。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。