スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「善き人のためのソナタ」、「ペルセポリス」、「4ヶ月、3週と2日」

 2008-02-03
1月は個人的に色々と予定がつまってて忙しかったっす。

そんな中、カルチャー雑誌「テレラマ」主催で映画祭があり、久しぶりに映画館へ足を運びました。
この映画祭は、テレラマについているパスがあれば3ユーロで見られるというお得な企画。(テレラマを2ユーロで購入しなければならかったけど…。)テレラマが選んだ15本の映画のうち、3本を見に行きました。どれもすでに公開済みで、「遅ればせながら」の観賞。
この企画に参加している映画館も限られていたし、上映時間の都合もあり、見られたのが3本だけだったのは残念。本当は「Le fils de l'epicier(食料品店の息子?)」とか「La question humaine」、「Zodiac」なんかも見たかったのですが…。

「Le fils de l'epicier」は、カナル・プリュスのグラン・ジュルナルにジャンヌ・モローがゲスト出演したとき、彼女が期待している若手俳優を3人連れてきていて、そのうちの一人がこの映画の主役をやったニコラ・カザレで、なかなか面白そうな映画だなーと興味をもちました。(今回、見られなかったけど。)
ちなみにジャンヌ・モローは1月23日に80歳を迎え、キャリアも60周年(!)。

さて、見た映画の簡単な感想を。

「善き人のためのソナタ」(仏題「La vie des autres」)
テレラマ読者が2007年のお気に入りに選んだ映画。
善き人のためのソナタ統一前の東ドイツが舞台。秘密警察の優秀な大尉が劇作家を監視するうち、上司や仲間、自分の立場に疑問を感じ始めたり、段々と相手の人生に入り込んでいく様子がうまく描かれていた…けれど、それまでそんなふうに心を動かすきっかけが全くなかったのかな?と思うとなんかヘンな気が…。他人の生活の監視だって初めてじゃなかろーに。
淡々と指令をこなしてきたロボットのような人間が、もっと広い心の幅に気づいてしまう…というのは、ありふれたといえばありふれた物語だなーと思ってしまいました。
しかし、主人公の無表情さが秘密警察っぽくてとても良かった。インテリアの演出もうまく、主人公の慎ましい住まい、秘密警察の食堂の貧相な食事(但し、皿の縁に隠れてしまって何を食べているのかよく見えない。それくらい量が少ない)、それに対して劇作家のアパートの洒落ていること…。このコントラストから、自宅に帰ってむなしさや寂しさを感じる主人公の心情がひしひしと伝わってきます。
この主人公を演じた俳優、ウルリッヒ・ミューエは昨年7月に癌で亡くなったそうです。彼自身、東ドイツで生まれており、ベルリンの壁崩壊後、自分が盗聴されていたこと、「逸脱したアーティスト」として強制収容所送りになりそうだったこと、女優である妻が80年代に政治警察の協力者であったことなど、衝撃の事実を知ったのだとか…。彼自身が演じた役よりも、劇作家の方が彼の経験に近かったようです。

「ペルセポリス」(仏題「Persepolis」)
同名のバンド・デシネの映画化。
主人公、マルジャンが過去を思い返す部分はすべて白黒。実写ではなくアニメーションにしたのもモノクロにしたのも、美学的に正解だと思います。
cannes-persepolis.jpgイラン革命、そしてイラク・イラン戦争、周囲の大人たちがそれに巻き込まれ、大人たちの社会への疑問が子供心に反映されていくマルジャンの子供時代は、とても興味深かったです。「punk is not dead」と背中に描いたジャケットを着るマルジャンに共感をおぼえつつ、平和な暮らしの中で、自分と同じような子供がまるで違った生活をしているなど少しも想像せずに子供時代を過ごした自分、他方には弾圧の下で生きた少女…。共感と同情と後悔の織り交ざった気持ち。
マルジャンを温かい目で見守るお父さん、マルジャンに自立した女性に育ってもらいたいと望む現代的なお母さん、いつもマルジャンを励まし、時には厳しく叱るおばあちゃん、そして、納得のいかないことには敢然と発言するマルジャン…マルジャンと彼女を囲む家族のユーモアとヒューモアが良い。自分がマルジャンのような立場にあったら、彼女のようにはっきりと言いたいことを言う勇気があるだろうか?
それにしても、マルジャンがオーストリアに送られてから後はあんまり…。マルジャンの自伝なだけに、本当にただの自伝という感じ。
見終わって物足りなさが残りました。すごく楽しみにしていた映画なだけに期待はずれに終わりました。

「4ヶ月、3週と2日」(仏題「4mois, 3semaines, 2jours」)
2007年カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した映画。
チャウシェスク政権下のルーマニアで、非合法の中絶をしようという友人を手助けするオティリアを中心にしたストーリー。近年の流行ともいえるハンディカメラ撮影で、少女の揺れ動く気持ちが表現されています。
4mois.jpgオティリアの悲しみ、怒り、苛立ち、焦り…。友人に対する感情、彼氏に対する感情が素直に伝わってきます…が、これって私が同じような年頃に同じような気持ちを感じてきた女性の観客だから??そのような経験がなければ伝わってこないことなのかもしれません。
ストーリーはそれほど込み入ったものでも特異なものでもないけれど、全編を通してピンと緊張しています。映画として秀逸。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。