スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

移民入国にDNA鑑定?

 2007-09-16
次の火曜から移民法修正案が討議される予定。その中に、家族呼び寄せビザ(regroupement familial)発給に関し、子供のDNA鑑定を盛り込む案が出ており、野党及び人権保護団体などから批判が上がっています。

DNA鑑定が提案されたのは、特にアフリカ大陸の国において戸籍が曖昧なケースが多いことから、呼び寄せようという子供が家族であることを証明する必要性が問われたため、と説明されています。

しかし、家族って遺伝子なわけ??とものすごく疑問。
養子縁組はどうなの?

で、この週末、これについてWEB版ル・モンドで読者アンケート実施中。「家族呼び寄せのためにDNA鑑定を許可する移民法修正案について、どう思うか」という質問に、答えとして「同意できる。偽造証明防止のため、他の国でも採用されている手段だから」「同意できない。差別的な措置だから」「無関心」という選択肢があり、現在のところ「同意できる」が54%を超えてダントツ。「同意できない」が42%、「無関心」は4%弱。ル・モンドでこの回答…結構ショックです。

っていうか、答えの理由として「他の国でも…」っていうのがひっかかる。そのうち「『他の国でも採用されているから』死刑制度復活に同意」とか言うんじゃないだろうか。

この「他の国では○○なのに、何故フランスだけが××なのか(だからフランスも○○を採用してもいいではないか)」というのは、サルコジの口からよく聞く言葉。前回、内相のときに選抜的移民法に修正したときも、「他の国がやっているから…」と言って、そういう方針を正当化しようとしていたし。実際、サルコジはこの件について、ヨーロッパではこうしたDNA鑑定を行う国が11カ国あることを挙げ、「何が問題なのか」と言ったらしい。

とにかく、サルコジの移民についての政策方針は問題アリアリだと思ってます。

brice-hortefeux-veut-etre-pleinement-le-ministre-de-l-asile.jpg先日、移民・国民アイデンティティー・統合相のブリス・オットフーは、不法移民の検挙数が目標に達していない県の警察署長を呼び出して注意勧告したとのこと。検挙目標数ねぇ…。
しかしそうは言っても、警察にとっては、不法移民の取り締まりよりも、市民に直接的危害が及ぶ危険性のある犯罪の取り締まりの方が優先課題のはず。
大体、移民管理を内務省から独立させて移民・国民アイデンティティー・統合省をつくったはいいが、現実に動いているのは相変わらず警察なわけで、つまり警察には内務省と移民省という二つの頭があるわけで、それもどんなもんかと思う。しかし、サルコジは移民管理局を別に設けるつもりはないそうです。

ところで、外国人学生の労働許可証に関する法律も変更され、それまでは学生自身が申請していましたが、7月から雇用者が警察に届けることになりました。届け先の警察というのは、学生が滞在許可証を取得している管轄地区の警察。これで、滞在許可証と労働許可証の一括管理になったということです。滞在許可証と労働許可証のダブル申請の手間が省けて、学生にとっては楽になったといえるかもしれませんが、雇用側が管理することになった面と、警察による管理が強化された面に、サルコジ的「監視・管理」路線を感じます。

それにしても、2003年、2006年に続き、2007年にも移民法を修正するとは…サルコジ元内相の政策がうまくいかなかった証拠なんじゃないのかなあー。

参照:
Yahoo Franceより

「Immigration: Brice Hortefeux attendu de pied ferme a l'Assemblee」(AP)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。