FC2ブログ

民主主義とKY、そして異彩であること

 2007-08-21
この2週間、一応世間様が呼ぶところの「夏休み」 だったのですが、いつもと変わらない日々を送っているうちに終わってしまいました。

つか、寒くってさ~。毎日曇ってるし雨降るし、何にもやる気がでないの。

対リビア契約のこととかをネットで漁ったり、SUDOKUやったりしてるうちに2週間が経ってしまった。

そんなわけで、課題図書も読み終わってないんですが…とりあえず、休みの間に読もうと思っていた本のうち、一番薄いやつだけ読んでみた。アマルティア・センの「La democratie des autres」。二つのエッセイが一冊の本に入っているのですが、二つ目の講演テキスト(「La democratie comme valeur universelle」「普遍価値としての民主主義」)は、先日、ブックオフに行ったとき見つけた集英社新書の本「貧困の克服」に入っていました。買わなかったけど。

貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (集英社新書) 貧困の克服―アジア発展の鍵は何か (集英社新書)
アマルティア セン (2002/01)
集英社
この商品の詳細を見る

民主主義とKY、そして異彩であること の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫