FC2ブログ

武器売買暴露の顛末

 2007-08-18
前回の続きです。
(実は、もう二回も書いたものが消えてしまって、そのたびに脱力し、続きをアップするのに時間が経ってしまいました…。)

前回は、カダフィ大佐の息子、サイフ・アル-イスラムがインタビューに答えて、フランスとの武器売買契約を暴露した、というところまででした。

2364331002-le-rapprochement-entre-la-libye-et-l-ue-salue-par.jpgこのインタビューの内容は、8月1日発行のル・モンド紙に掲載されました。その中で、サイフ・アル-イスラムは、ブルガリア人医師・看護婦身柄拘束の間、水面下で進んでいた交渉について述べています。

その交渉とは二つ。

一つは、スコットランドで受刑しているリビア元情報部員の身柄を本国に引き渡すよう、英国と直接交渉した、というもの。この情報部員は、1988年のパンナム機爆破事件で逮捕されたアブデル・バゼット・アリ・アル=メグラヒ。彼は終身刑を受けて服役中ですが、去る6月28日、スコットランド司法委員会から上訴が認められています。サイフ・アル-イスラムによれば、これはブルガリア人の問題が考慮されて計らわれた結果だとのこと。そして、ブルガリア人たちが解放された今、リビア元情報部員の身柄がもうじき本国に引き渡されるという楽観的な展望を示しています。これについて英国外務省からは、「メグラヒとブルガリア人の件は関係がない」と否定の声明が出されています。

そしてもう一つが、フランスとの武器売買契約が進んでいるということ。具体的には、対戦車用「ミラン」を1億ユーロ相当購入する予定だとのこと。

このインタビューが公表された後、フランス国内で、ブルガリア人解放の裏取引疑惑がもちあがりました。

武器売買暴露の顛末 の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫