FC2ブログ

ブルガリア人とフランスとリビアと原子炉と…

 2007-08-16
ここ数日、ブルガリア人医師・看護婦の件に関連して、フランスとリビアの原子炉提供と武器売買契約について、ネット検索にはまってました。

「ブルガリア人医師・看護婦の件」というのは、リビアでエイズ・ウィルスを感染させたとして死刑判決を受けていたブルガリア人6人が、7月に終身刑に減刑され、本国送還を果たしたという件です。(もうちょっと詳しくは以前に書いたこちらを。)

この件で、ブルアリア人解放の最後の段階で、いきなりセシリアが出てきたりして、ブルガリアへの送還もフランス大統領専用機だったし…なんだか「フランスのお手柄」っぽくなっちゃったのが気になってました。本当はEUが3年前から交渉してきたのに。実際、ソフィアへ帰る飛行機には、ヨーロッパ委員会の対外関係担当者、ベニタ・フェレロ-ワルトナーも同乗していました。彼女なしで本国送還はありえなかったと思うけれど。

で、フランスが最後にしゃしゃり出てきて、なんでそんな成功しちゃうの?っていうのは、なんだか怪しくて、裏取引があったんじゃないかという疑念を感じました。それは私だけではなかったようで、かなりニュースになりました。

ブルガリア人とフランスとリビアと原子炉と… の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫