スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

これであなたもパリジャン(パリジェンヌ)?

 2007-07-23
ル・モンドから飛んだブログで、「Comment se comporter comme un vrai Parisien ?」(「ホンモノのパリジャンのように振舞うには?」)という話がありました。このブログはパリのイベントやニュースなどを生活レベルの視点でつづっているもの(多分)で、今回のパリジャンの行動様式については、もともと他のサイトがネタにしたものを拾ってきたらしい。

夏のヴァカンスに入ったフランス。その中でも、地方からのみならず、近隣諸国や遠い日本からの観光客も集めるパリ。そんな街の人込みで、パリ在住であろうとなかろうと、「観光客と間違われたくないわ」という人はいるのではないでしょうか。では、どのように振舞えばパリジャン・パリジェンヌらしくみえるのでしょう?
上記元ネタサイトによりますと、
・パリ中が自分のものであるかのような高飛車な視線を保つこと。
・てきぱきと速く歩くこと。
・絶対に地図を(どんなものでも)公共の場で取り出さないこと。
・フランス語以外の言語で何かを尋ねられたら、完全に無視すること。
また、地下鉄の中では
・他の乗客のことは全く無視。
・ホームレスやミュージシャンに何もあげてはならない。
・進行を阻む人が沢山いたら、ぶつかっていく。(「ごめんなさい」と言うことも可能。)
など。

これの筆者は、最後に、「このリストは、パリに何度も旅行した際の自らの個人的経験による結果である。世界中のどこにも見られない、典型的パリジャンの行動を研究する機会があった。勿論、このリストは意図的に面白くしてあり、多少誇張されている」と断り書きをしていますが…。

まあ、人によると思いますけどねえ~。高飛車な視線っていうか、地下鉄の中で、座ってから一瞬ほうける人とかは多い気がしますけれどねえ。なんか、視線が宙に浮くっていうか。はあ~やっと一息…って感じで。やっぱり都会の中で、何気に緊張しているからでしょうか。

しかし、地下鉄の中で出会うマナーの悪さは、本当に理解に苦しみます。10年以上経ってもいまだに。上記リンクのブログにも、「ここを見れば、無作法さが問題の頂点に達していることがわかる」として、パリ市交通公団(RATP)関連のサイトが紹介されています。

で、そのRATP関連サイトに飛んでみたら、トップにきていたのが「ZEN車両をつくってほしい」という意見。ZENとは、「禅」のこと。「忘我の境地に達した」というか、「ストレスのない」「おだやかな」みたいな意味で使われています。その禅車両の提案とは、音量を大きくして音楽を聴いている人や、携帯電話で話している人がいて迷惑だから、そういうものを禁止した車両を作ってほしい、というもの。う~~~~ん、日本に住んでいる人にはびっくりでしょうねえ。日本では電車内での携帯電話の迷惑使用は禁止ですもんね。パリでは、も~ガンガンに大声で喋ってますよ。呼び出し音もフツーに鳴りますし。たまに、電話に出て「ちょっとまって、今地下鉄の中だから…」と切ろうとする人がいて、よしよし…と思っていても、「え?なんだって?そんなこと聞いてないよ!?」とか、結局話が続くことがしばしば…。また、超混みで身動きがほとんどできない電車の中、携帯が鳴って、周囲のイライラ倍増。さすがに出ないだろう…と思っても、「フ~ッ」と嫌々なため息をつきつつ、周りの人にぶつかりながら必ず電話を取り出すパリジャン・パリジェンヌ。で、嫌々なフリをしていたわりには「あら~元気ぃ~?」なんてハッピーに答えてたりして。ま、いーですけど…。

以下、個人的に我慢できないパリジャン・パリジェンヌの地下鉄内行動様式。
・通路とか隣りの人に邪魔になろうが構わず足を組む。
・子供が捕まり棒を軸にぐるぐる大回りしてはしゃいで、周りの乗客にぶつかりそうになっても、叱らない。
・降りる人がまだいるのに、ぶつかってでも乗ろうとする。
とにかく、一番最後のが一番許せない。なんでこんなに他人に対する配慮と忍耐力がないのかしら。それこそ「ZEN」が必要ですよ。

さて、「あなたもすっかりパリジャン(パリジェンヌ)だね~」と言われたら、喜ぶべきか否か…?

でも、たまに、狭い道でぶつかりそうになったらにっこり笑って先を譲ってくれる人もいる。知人は、観光名所をバックに、自分で自分の写真を撮ろうとしていたら、通りがかりのマダムが「そんなんじゃダメよ、貸しなさい!」と写真を撮ってくれたと喜んでいた。
ま、パリジャン・パリジェンヌにも色々いるってことで。

(今回は結局、ちょっと愚痴になってしまったな…。)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。