スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

G8に酔う

 2007-06-11
ちょっと遅れた話題なのですが、先週、G8サミットが隣国ドイツで行われましたね。サルコジは、国家元首として初めて各国首脳会議に参加、まあ嬉しかったに違いない。フランスの態度を印象付ける、みたいなことを言ってはりきってたもんな~。
ヤフー・フランスで見かけた風刺画では、腕を振り回すサルコジを背景に、ブッシュ(?)が「なんであの新人はあんなに興奮してるんだ?」、プーチン(?)が「選挙運動中なんだよ」…なんてのもありました。

いや、マンガじゃなくて、「プーチン氏との会談が予想外に長びいて」記者会見に遅れてきたサルコジは、実際はこんな感じだったらしいです↓

Sarkozy ivre au G8
envoye par LesInsoumis

WEB版ル・モンドで見つけたのですが、その記事によると、フランスのTV局はこの記者会見の模様を放映しなかったらしい。ネット上で流れているのは、上に貼ったベルギーのTVと、ケーブルTVのニュース・チャンネルLCIで放映されたもの。
ベルギーのアナウンサーは「(サルコジは)水以外のものも飲んだようです」と皮肉ってる。普段、水しか飲まないというサルコジ。う~ん…酔っ払ってるといえばそんな感じに見えるけど…とにかく、なんでそんなに息切らしてふにゃふにゃしてんの?
こんな大統領を首脳会議に送り込んじゃって、フランス人は恥ずかしくないのか…。それとも、ご愛嬌で済んじゃうのかな??

と思ったら、Dailymotion、You tubeを見ると、とにかく「恥ずかしい!」っていうコメントが圧倒的。
やっぱ恥ずかしいのかあ。

上の動画が「酔っ払ったサルコジ」的なタイトルで流通してるのですが、それに対抗して「サルコジは酔っ払っていなかった」として、記者会見中のサルコジの様子もアップされています↓

Non Sarkozy n'était pas Ivre- Résumé discussion Poutine
envoye par unleaded
プーチンについて、また、プーチンとの対談の内容について、話しているんだけど…当り障りのないことを言って誤魔化したという感じ。いくら即興で答えなければいけないとはいえ、それくらいのことならもうちょっとハキハキと答えられるだろうに。発言内容が整合性をある程度保っているとはいえ、これをもって「酔っ払っていなかった」と言い切れないような。
それに、「対談の雰囲気が落ち着いたものだった」と説明するのはいいけど、「私は攻撃性を一切見せなかったし」って、誰もきいてないっちゅーの。わざわざ断る必要はないんですけど?
あと、「フランスはロシアを支援すると約束した」というのはわかるけど、その後に「フランスはどんな場合も分裂しない、統一した国だ」って文脈に無関係。

ところで、G8の傍ら、ファースト・レディの晩餐会昼食会(といっても、メルケル首相の夫がホストだけど)もあったらしいが、セシリアは出席せず、とっととフランスに帰っちまったそうな。
article_SGE.LIU32.080607150343.photo00.photo.default-512x324.jpg←個人的には、安倍夫人が馴れ馴れしく隣人(誰?)の腕をとっているのが気になる…。

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。