スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「60年代以降、社会民主主義はもう新しい観念ではない」

 2007-06-26
先週土曜のリベラシオン紙に掲載されたピエール・ロザンヴァロンのインタビューを読んだら、選挙を通じてフランス政治と現代社会を分析していて興味深かったので、翻訳してみました。
原文は«Depuis les annees 60, la social-democratie n’est plus une idee neuve»

このインタビューの中で言われていることには、ほぼ全面的に同感です。自分が感じてきたことの多くが表現されていました(しかし、逆にいうと、ものすごく目新しいことが言われているわけではないということですが…)。大統領選挙と国民議会選挙が終わり、その総括と分析、注目された点などを知りたい方には参考になるのではないかと思います。(但し、リベラシオン紙掲載という点からしても、フランスの左派寄りの立場からの発言であることはお断りしておきます。)

ところで、ピエール・ロザンヴァロンという人のことは、実は知らなかったのですが、仏語ウィキペディアの彼の項目によると「歴史家」だそうで、「彼の研究は、主に、民主主義の歴史について、フランス政治モデルについて、また、国家の役割と現代社会における社会正義の問題について」なのだそうです。さらに、2001年以来、コレージュ・ド・フランスにて近・現代政治史の講座を受け持っており、社会科学高等研究院(ESHSS)の研究所長。
インタビューの最後に出てくる「思想の共和国(La Republique des Idees)」とは、新しい思想の交換と生成を目的として2002年に結成されたグループで、ピエール・ロザンヴァロンはその代表者。「La Vie des idees」という月刊誌を発行しています。インターネットサイトはこちら

「60年代以降、社会民主主義はもう新しい観念ではない」 の続きを読む

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。