スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

またしてもフィンケルクロート

 2007-05-12
さて、本題(前置きはこちら)。

昨日の夜、ル・モンドのサイトを見て「はあ??」となった記事(超短い)。
……。
アラン・フィンケルクロートって、ほんとわからん奴。

2005年11月の郊外暴動のときは、サルコジ内相(当時)を褒め称え、学校ではユダヤ・キリスト教的なフランスの歴史をきっちり教えろとか、特に北アフリカ系出身にはフランスを愛さない移民が多いとか、よくよく探ればどこかしらイスラム嫌悪的、シオニストと言えそうなユダヤ人擁護的発言をしていたフィンケルクロート(例えば、2005年11月15日のル・フィガロ紙に掲載されたインタビュー)。
その後、サルコジに「彼こそフランスの知性」なんておだてあげられていたっけな。

彼の「旧・新哲学者」仲間のアンドレ・グリュックスマンがサルコジを支持すると宣言して、アラン・フィンケルクロートも同じ傾向ととられていたけど、たしかに「セゴレーヌは支持する気になれない」と言っていたものの、だからといってサルコジ支持を表明したわけではないが…。うーむ。

ル・モンドの読者の反応がどんどん増えていて、意外な反響。フィンケルクロートのサルコジに対する突然の怒りに驚く声多し。彼の態度の豹変ぶりというか「やっと目が開かれたか」という意見とか、「ナイーブだなあ」とか「今頃気づいたのか」とか。

ほんと、この人、どうなっちゃってるんだろう。

またしてもフィンケルクロート の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。