スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サルコジのクルージングと嵐

 2007-05-11
ニコラ・サルコジが、大統領に当選した翌日からヴァカンスに出まして、色々と批判されたり疑われたりしています。

20070511215543.jpg「大統領の職務に就く前に、どこかに雲隠れでもして心を落ち着けたい」とは、当選前に予告していたことなのですが、旅行先は明らかにされていませんでした。当初はコルシカ島という噂が有力でしたが、フタを開けてみりゃあマルタ島。スペインじゃん!?(←マルタ共和国でした。ご指摘くださった方、ありがとうございます。なんかマヨルカ島と勘違いしてた。)しかも、自家用ジェットで妻のセシリアと息子ルイを連れてパリからマルタ島へ飛び、豪華クルーザーで航海。インターネット・サイトによると、このクルーザーの一週間のレンタル料は20万ユーロだそうです。

これに対して、反対政党らから批判の声があがりました。5月8日はドイツから解放された第二次世界大戦終戦記念日で、フランスの歴史の中で大事な記念日なのに、フラフラと国外に遊びに行ってていいのか、とか。国内でずいぶん騒がれたので、さすがにヤバイと思ったのか、早々にヴァカンスから引き揚げ、10日の奴隷制度廃止記念日にはシラク大統領と揃って式典に出席。でも、まだ正式に大統領になっていないし、ジャック・シラクもニコラ・サルコジと一緒に出席なんかしたくなかったと思うし、別に出なければいけないっていうわけではなかったんですけどね。

また、社会党書記長のフランソワ・オランドから資金の出所を明らかにするよう尋ねられ、「国の公費は一切使っていない」という返事をしたニコラ・サルコジ。セシリアの実家も金持ちだそうだし、高級住宅街ヌイイを治める市長だし、リッチなんだろ、サルコジ家は…なんて思っていたら、今回の旅行はヴァンサン・ボロレという大企業のオッサンのご招待らしい。なんかよく知らんけど。
経済界に全く疎い私。「ボロレって何?」と思って、仏語ウィキペディアで調べてみたら、投機会社だと。もともとは巻タバコの紙「OCB」の会社だったのか…知らなかった。昔はずいぶん世話になったよ。巻タバコ用の紙やビニール・ラップなどの生産業の傍ら、テレビ局Direct 8(ディレクト8)や無料新聞のDirect Soir(ディレクト・ソワール)とMatin Plus(マタン・プリュス)(後者はル・モンドと提携して発行されている)などを経営、他にもメディア関連の会社の株を多く所有しているそうです。

大企業からのご招待っていうのは疑わしいんだけど?という声に、「ボロレは公共機関に全く関わっていない、だから問題ない」とサルコジ陣営が説明。しかし、その後、一部のマスコミにより、ボロレが Societe francaise de production(ソシエテ・フランセーズ・ド・プロダクション、略してSFP)というTVや映画の製作に携わる半官半民会社の株を保有していることが発覚。ヴァンサン・ボロレは、ル・パリジャン紙のインタビューで、「ボロレが保有しているSFPの株は40%のみだし、経営方針には口出しできない」「SFPの株取引は、当グループの収入の1000分の1にしか満たない」と反論しています。それに、ボロレ家は、代々、著名人を迎えることを誇りに思っており、今までにもモロッコ王に即位する前のモハメッド5世やポンピドゥー大統領を迎えたことがある、と自慢。

それにしても、やっぱりメディア界のつながりが強いわけね、サルコジは…というのを再認しましたわ。

この数日間、フランスのマスコミはこの話題の嵐でした。
フランス人たちの間では、「プライベートの部分なんだから、別にいいんじゃない」という意見あり、「ボロレとの関係が疑わしい」「選挙運動中は貧しい労働者に親しみある態度をみせてきたけど、自分は超豪華に楽しんでいるなんて、そのギャップに驚く」という意見あり。
ま、プライベートのお休みだし、まだ大統領じゃないし(現大統領ジャック・シラクの任期が正式に切れるのは16日)、自分のお金でヴァカンスに出るんだったらいいんじゃん?…とは思いますが、選挙期間中も当選時の演説でも、あんだけフランスへの愛国心を強調したんだから、せめてヴァカンス先を国内にしとけよ…とも思いました。
ボロレはフランスの会社だし、クルーザーもフランス国籍だという、サルコジ派からのしつこい説明もありましたが。

ところで、このサルコジのリッチぶりひけらかしについて、「新しい態度」とも分析されています。今まで、フランス人は、金持ちであることに後ろめたさみたいなものがあって、慎ましさをみせることが美徳と思われていたのに、サルコジはそれを覆した、と。国民が「いつか金持ちに!」という夢を抱いてせっせと働いて経済を活性化してくれるようにと、国民の労働意欲を刺激してるんだろうか?

ちなみに、今日公表されたニコラ・サルコジの資産は200万ユーロだそうです。ジャック・シラクより金持ちじゃん(4月末に公開されたところによると、シラク大統領の資産は約140万ユーロ)。

で、本当は別のことを書こうと思ってたのに、前置きが長くなってしまった…。とりあえずここで一旦切っておきます。

070510170417.mjj06vlo0_nicolas-sarkozy-et-jacques-chirac-au-jardin-du-luxb.jpgおまけ:昨日の奴隷制度廃止記念式典に出席した、日焼けでお顔がまっかっかなサルコ。シラクと並ぶとその赤さが余計に目立つ。→

…それにしても、この談笑風景、すっごくわざとらしーーー。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。