スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Un peu de masochisme, un peu de sadisme ~エリザベット・テシエの予言~

 2007-05-05
5月1日、セゴレーヌ・ロワイヤルの選挙集会に行った日の夜、インターネット上を徘徊。メーデーの労組デモがアンチ・サルコジ調だったことや、それでも世論調査は相変わらずサルコジ優位という結果を出しているのを見たりして、もやもやした気持ちでいたところ、ふとエリザベット・テシエが何か予言していないか気になってサイトを見てみた。エリザベット・テシエとは、有名な星占い師で、故ミッテランも彼女の予言を参考にしていたとか。2002年の大統領選では、ル・ペンの存在が避けれらない重要なものとなると予想していたらしい。ま、でも、色々と当らなかったこともあると思うけど。

エリザベット・テシエによると、この大統領選とそれに続く総選挙で「全体的に分裂された雰囲気の中で、構築的安定性が期待される」そうで、「フランスの新大統領が選出された直後(5月10日から15日)、大きな動揺がある」「二次選は、特に経済レベルの前進の要因となるが、同時に、若者たちの反乱の要因となる」と予言。うーん、「大きな動揺」を起こすような結果といったら、やっぱりサルコジが大統領になるってことかな?それに、「若者たちの反乱」といったら、セゴレーヌよりサルコジでしょう。
その後、4人の候補者(ル・ペン、バイルー、ロワイヤル、サルコジ)の星の動向についての分析があるのだけど、結論を先に言ってしまうと、サルコジが大統領になるという予想。「選挙の背景にある、脅威的な分裂と反乱の雰囲気によって、結果がどんなものであれ、フランス人の多く―半分?―が不満に思ったり失望したりすると思われる。本格的な社会政治的亀裂の危険がある。それは、特に選挙結果に敵意を抱く若者たちによって推進されるであろう。つまり、選出される幸せ者は骨の折れる仕事をすることになるかもしれない…。」
なんとなく、これを読んで、ちょっと納得いった。「サルコジが大統領になりそうだな」っていうのが、もう物凄く嫌だったし(今でも嫌だけど)、受け付けられない現実って感じだったけど、エリザベット・テシエの星占いを読んで、「ああそうか」って思ってしまった。星占いで妙に納得してしまうというのも変な話だと思われるだろうけど。

4人の候補者の星占いについて超要約すると、ル・ペンは一次選を通過できないだろう、バイルーは今回よりも次回の大統領選に強運がついている、など。セゴレーヌについては、「女性嫌い(misogynie)の被害にあう」「彼女は鉄の腕に柔らかい手袋をはめた女性で、以前の家族問題の傷が彼女の野心を燃え上がらせ前進させているが、多大な人気は星の動きによるもので情況的なもの」「世界を再建したいと望み、任務を負っていると感じているが、残念ながら二次選の前にわずかな影がみえる」とのこと。サルコジは、「両極端の感情を抱かせるタイプで、ある人々は無条件に好きになるし、他の人々からは強く拒絶される」「まもられていると同時に攻撃されていると感じているフランスにとって、『鞭のおじさん〔言うことを聞かない子供を鞭で打つおじさん〕』のようなものなので、不人気だしあまり認められていない」「一次選の結果による失望から仲間から見捨てられる可能性がある〔←これ、当ってないな…〕」。あと、「サルコが成功すると思わせるもうひとつの理由は、ジャン-ルイ・ボルローの5月の星回りが非常に良いことで、うまくいけば彼が5月20日頃、首相に任命される」と書いてあって、これが結構ピンときた。サルコジは、フランソワ・フィヨンを首相にするつもりだと発表しているけれど、世論ではボルローの方が人気が高く、彼を首相に期待する声の方が大きい。ポピュリストのサルコジのことだから、もし大統領になったらボルローを首相にするんじゃないのーと思っていたの、実は。

そういうわけで、エリザベット・テシエの星占いは自分の見解と符合する部分が多くて、なんとなく納得させられてしまった。

セゴレーヌのミーティングで、同じ思いを抱く大勢の人がいると実感したから、サルコジが大統領になったら反抗する人も沢山いるだろうという安心感が支えになって、どんな結果も受け入れられそうな気になった。
この際、サルコジが大統領になればいいとさえ思う。ちょっとマゾ的に。受けてたとうじゃないのという気持ち。
同時に、大統領になるという大きな野望を成し遂げたサルコジが、最高責任者として国民の大きな抵抗に会えばいい、痛めつけてやれ、と思う。ちょっとサド的に。

Un peu de masochisme, un peu de sadisme ~エリザベット・テシエの予言~ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。