スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

左手はあいている

 2007-04-26
昨日の午後、フランソワ・バイルーの記者会見が開かれました。

彼は一次選で三位となり、決選投票には進出できませんでしたが、彼に投じられた票がどちらへ流れるかで結果に大きな影響を及ぼすものと予測されていたのは、以前にも触れた通り。昨日の記者会見は、一次選の結果が発表された直後から予定されていたもので、ここでバイルー氏の決選投票への意向が伝えられるとして注目されていました。この記者会見には、外国のマスコミからも多く記者が列席しており、国際的な関心をひいていることが伺われました。

20070426230333.jpgまず、フランソワ・バイルーは声明の中で「フランスには三つの危機がある」と指摘。それは「デモクラシーの危機」「社会層間の亀裂」「経済の停滞」であるとし、二人の候補者のどちらもこれらの危機からフランスを救えない、という見解を提示。まず、「デモクラシーの危機」については、ニコラ・サルコジにみられる権力への熱望や、彼がマスコミへ圧力をかけていることをみれば、大統領になってからこの危機を悪化させる怖れがあると警句を発しました。「社会層間の亀裂」については、サルコジ氏の政策が、失業者や低所得者、老人や子供など、社会的弱者を充分に擁護するものではなく、格差を広げる、としています。最後の「経済の停滞」に関してはセゴレーヌ・ロワイヤルに対する批判で、彼女の政策が「すべてを国家に任せる」方式の社会主義的なものであり、フランス経済を活性化できない、と述べました。
そういうわけで、どちらの候補者も大統領に適しているとは思えないので、自分に投票してくれた有権者に投票指示はせず、各人の自由に任せる、とのこと。
また、新しい「民主党」をつくることを発表。UDFの殆んどの党員がそのままその新しい政党に参加するであろうし、他の党でも加わりたい人は受け入れると述べました。

20070426230231.jpgさて、後に続いた質疑応答では、彼の意向を探って、より明確な答えを得ようと、色々な方向からの質問が飛びました。やり取りの中で、ベルルスコーニ前イタリア首相とサルコジ氏の類似点を肯定したり、プロディ現イタリア首相と自分の政治的立場が近いことを認めるなど、段々とアンチサルコジムードが濃厚に。また、「一方の危機は非常に深刻で、もう一方の危機は一時的」と述べたり、「自分がやるだろうこと〔決選投票でどういう票を投じるか〕はまだわからないが、やらないだろうことはわかっている」と答えるなど、右手は引っ込めたが左手はまだためらっている、という感じ。

バイルー氏は声明の中で、ロワイヤル女史から提案された公開討論を受けると発表しています。この討論で、ロワイヤル女史が、経済政策案についてバイルー氏をどれだけ納得させられるかによっては、彼女の勝算がかなり上がるかも。
この公開討論、「もしサルコジ氏からも同じような提案があれば受ける」とバイルー氏は述べていましたが、サルコジ氏が昨夜のTVインタビューでこれを拒否。「決選投票に残ったのは二人だけ、有権者の前でその二人が討論すれば充分」とのこと。「三人目の出る幕はない」(または「負けた奴はすっこんでろ」)ということか。

で、現時点では、ロワイヤル女史とバイルー氏の公開討論の時間と場所が決まらず、混迷状態。特に、選挙期間中、一般TVに映る時間が両候補とも同じでなければいけないので、片方が討論をやって他方がやらないとなると、この時間調整が難しくなります。
既に、金曜朝の新聞社でのロワイヤル候補の地方記者会見をバイルー氏との討論に切り替えようとしたところ、新聞社から断られ、土曜日朝にカナル・プリュスでやろうとして話が進んでいたのに、CSA(高等視聴覚評議会)からストップをかけられたということで頓挫。新聞社の労働組合長にサルコジ氏からコンタクトがあったという噂もあり、また、CSAは「カナル・プリュスにこの件で干渉した覚えはない」と述べていることもあって、社会党は「政治的な圧力がかけられているにちがいない」とサルコジ氏を非難しています。

なんとか早くセゴレーヌ・ロワイヤルとフランソワ・バイルーの公開討論が実現するといいのですが…。

左手はあいている の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。