スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大統領一次選前夜

 2007-04-22
公式選挙運動は投票日の一日前(金曜24時)に終了。世論調査などの発表も、その時間に合わせて終わっています。

最後の最後、ギリギリ24時前に出たCSAによる世論調査では、今までのと変わらず、首位はニコラ・サルコジ、二位がセゴレーヌ・ロワイヤルでしたが、なんと三位にジャン-マリー・ル・ペンが食い込んでいました。フランソワ・バイルーは四位。

どこか(たしかWEB版ル・モンド)でちらっと見た情報によると、パリ政治学院で学内調査を行ったところ、一次選で投票したい候補として30%以上がセゴレーヌ・ロワイヤルを挙げていたそうです。二位はフランソワ・バイルー。一般世論で一番人気のニコラ・サルコジは、ここでは17~18%(ソース記事がみつからないので私の記憶では)。その他、今回は得票予想率が極端に低い(約1.5%といわれている)緑の党のドミニック・ヴォワネが、4%以上とっていたようです。

やはり有権者層で調査結果に違いがでるのだろうなーと思ったのが、もうひとつ、フランスMSNで行われている調査。金曜夜にみたところ、こちらは、サルコジ候補とロワイヤル候補がほぼ同率首位、27%くらいでした。まあ、インターネット上の調査は全然信憑性がないですが。私のような投票権のない人間も参加している調査ですし、多分未成年とかもやっているだろうし、比較的若年層しかやっていないでしょうから、調査機関がやっているのよりも更にあてにならない。

いや、ほんと、世論調査はあてにならんですよ(と自分に言い聞かせつつ)…でも、やっぱり気になる…。

昨日の無料新聞メトロで読んだ記事では、サッカーのワールド・カップなどと違い、カフェや公共広場での大画面による投票結果放映はないらしい。まあ、そりゃそうだろうなーと思いましたが。大抵は自宅でTVを見るようですが、人によっては、「それぞれ投票する候補者が違う友人を集めて結果を見ながら盛り上がるつもり」だとか、「2002年のような結果が出たら独りでは耐えられないから友人を呼んでTVを見る」とか。後者の気持ち、わからないでもない。

そういえば、前回の選挙のときは、「どうせシラクとジョスパンだろう」と思い、余裕こいて本など読んでいたのですが、外から帰った同居人が「大変なことになってる」というので、TVをつけてびっくり…という。それからずっとTVに釘付けでした。

ああ、明日は20時前からTVの前に釘付けかなあ。

ところで、報道機関、特に新聞や雑誌によって政治的立場の違いがはっきり現れているのですが、ル・モンドは完全にアンチ・サルコの立場をとっているような印象。最近、「バイルーに投票するのはデモクラシー的ではない」という主旨の社説を発表して、バイルー候補がそれに反発、一部で問題になっています。ということは、やっぱりセゴレーヌ・ロワイヤル支持傾向かな。
対してル・フィガロは以前から完全保守派なのですが、今週のフィガロ・マガジンで大統領選挙運動に関する記事を読んでいたら、もう「サルコジ天晴れ」的なトーンばっかりで嫌になりました。実は、同じ理由で、数週間前からル・フィガロの大統領選関連の記事はまともに最後まで読み通せないことが多かったです。アンチ・サルコの私としては。問題はル・フィガロの発行部数がル・モンドよりもずっと多いってことだよなあ。
ちなみに、今日、地下鉄車内で見かけて「おっ」となったリベラシオンの一面。背景真っ白で、そこに唯一言「A gauche!(左へ!)」、でした。

さて、明日はどうなることやら…。
自国じゃないのにすごくドキドキ。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。