スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

食べられない魚

 2007-04-01
毎年4月が始まると同時に、食べられないダヴリルという魚が出現します。似ても焼いても喰えない魚で、最近、パリでは見かけなくなったとも言われています。

ダヴリルは16世紀から存在するといわれている魚。絶滅の危機に瀕し、「幻の魚」になりつつあるこの4月の魚の擁護を求めて、今日の午後、バスティーユ広場でデモが行われました。エコロジストも多く参加しており、地球の自然を紹介するTV番組司会者として有名なニコラ・ユロは「市民ひとりひとりの自然保護に対する関心が大切」と改めて強調。070401120558.06nlbeb60_frederic-nihous--candidat-chasse--p-che--nature--tb.jpgまた、「狩猟・釣り・自然と伝統」の候補者として大統領選に出馬しているフレデリック・ニウスは「私たちは自然や伝統と社会発展の共存維持を願っている。連帯感を示すため、今日、私たちは釣りを自粛している」と、自身が代表する団体の意志を伝えました。
大統領選を目前に控えた今日、この問題が一時話題の中心となり、その他の候補者たちからのコメントも発表されています。ニコラ・サルコジは、ダヴリル魚を保護する為の法を整え、保護に反する行為の取締りを強化することを約束。セゴレーヌ・ロワイヤルは「絶滅から救うには市民の協力と参加が不可欠」「ダヴリル魚を一家に一つ」と提言。中道のフランソワ・バイルーは「ダヴリル魚の激減は長年に渡っての問題。現内閣のみならず左派政権も対策をもうけなかった」と左右両派を批判。また、極右のジャン-マリー・ル・ペンは「移民が集まる地域でダヴリル魚が排除されてきた。それが全国区に広がっている」として、移民問題が優先課題であると主張。

このダヴリルという魚、実は私自身も見たことがありません。
ウィキペディアに項目があります。フランス語はこちら、日本語はこちら

食べられない魚 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。