FC2ブログ

キャンデロロ語録・2007年世界選手権編

 2007-03-26
東京で開かれた世界フィギュアスケート選手権が終わりましたね。日本ではかなり盛り上がったのでは。
20070326153517.jpg男子シングルでフランス人のブライアン・ジュベールが優勝したので、フランスでも話題になりました。アイス・ダンスのフランス・ペア、ドゥロベル・ショーンフェルダー組のことはニュースになっていなかったのでどうしたんだろう?と思っていたのですが、4位に終わったのですね。

土曜日午後は女子シングルのフリー演技をTV放映(時差があったため録画でしたが)を見ました。全部は見ていないのですが、解説者はおなじみ、アニック・デュモン、ネルソン・モンフォール、フィリップ・キャンデロロの3人組。前回のヨーロッパ選手権で、オリンピック時に比べるとキャンデロロのコメントがだいぶおとなしくなったという印象でしたが、今回は更におとなしかったような。つまらん。
しかし、今大会が東京で催されたので、日本でとても人気があるキャンデロロは相棒ネルソンに「日本のことならよく知ってる」「日本語ペラペラ(それは嘘)」みたいに言われていました。金・銀・銅メダル表彰式が終わった後に、「エレベーターを日本ではどう呼ぶか知ってる?(Comment appelle-t-on l'ascenseur au Japon ?)」と問題を出し、「いいえ」と答えるネルソンに、「簡単さ、指で呼ぶんだよ!」と人差し指でボタンを押すしぐさで答えていたキャンデロロ。…キミは上方漫才師かっつーの。

そして日曜日、エキシビションでは解説者もリラックスした(というか気の抜けた?)雰囲気で楽しんでいた様子。ブライアン・ジュベールが金メダルをとったので本当に嬉しそうなアニック・デュモン。彼が滑っている間、「(日本の)女性たちは皆、ブライアンに熱狂しています」とコメント。すると横からキャンデロロが「少しはそうでない人もいるでしょう」。もしかしてファンを横取りされると心配してるとか?でも、「僕と同じように、彼も日本で成功することを祈ってます」とも言っていたかな。
長野五輪でメダルをとったことから日本でブレイクしたキャンデロロは、「日本の人は、自国の大会で勝った人のことをいつまでも忘れずファンでいてくれる」なんて、いかにも自分の経験で言ってるなーというコメントも。

最後には、三人揃って「サヨナラ」と言って締めくくっていましたが、相変わらず「ラ」はフランス語のR発音でした。
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫