スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「陳腐な悪」、アンティゴネ

 2007-02-22
モーリス・パポンが昨日(21日)、友人や家族に見守られ、埋葬されました。ヴュイユマン弁護士は、約束どおりにレジオン・ドヌール勲章をモーリス・パポンと共に棺に入れたそうです。「ド・ゴール将軍の手から贈られたレジオン・ドヌール三等勲章は、モーリス・パポンの霊を永遠に見守る」と述べています。
式に参列した人々の中には、レジスタンス勲章受勲者連盟の代表であるオリヴィエ・ド・サルネッツ(フランソワ・バイルーの右腕であるマリエル・ド・サルネッツの父)の姿も。彼は「個人的に」参列したそうですが、モーリス・パポンの有罪判決は「ゆるしがたく」「馬鹿げている」とみなしており、「ドレフュス大尉の有罪判決と同じくらいの醜聞」と述べています。なぜなら「モーリス・パポンは常に共和国に敬意を表し、対独協力に参与するなど絶対になかった」から、とのこと。
モーリス・パポンが埋葬された墓地では、警察による警備があり、特にトラブルはありませんでしたが、入り口付近では、「レジオン・ド・デゾヌール(『不名誉軍人』の意味。ちなみにレジオン・ドヌールは『名誉軍人』)」と書かれた黄色い星を胸につけた人や、「この名簿の中には、96歳でベッドの中で死ぬことを望んだだろう人が沢山いる」として強制収容所へ送られたフランスのユダヤ人名簿を掲げた人などが、自らの感情を表明。
ヴュイユマン弁護士は、埋葬を終えて墓地を出たところでブーイングを受けていました。

参照:
Yahoo Franceより

「Maurice Papon a ete inhume en Seine-et-Marne avec sa Legion d'honneur」

「陳腐な悪」、アンティゴネ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。