スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

シャルリー・エブドのムハマンド風刺画と表現の自由

 2007-02-09
2月7日、8日の二日間にわたって、ムハマンドの風刺画に関する裁判が行われました。
「一定の宗教に帰属している人々に対する侮辱」、ひらたくいうと人種・宗教差別のかどで、フランス・イスラム団体連盟、パリ回教大寺院、世界イスラム連盟に起訴されたのは、週刊紙シャルリー・エブド。同紙が掲載した三つの風刺画について争われました。
三つの風刺画のうち二つは、昨年、デンマークのユランド・ポステンに掲載されて物議をかもしたもの。一つは、ムハマンドが両手を広げて「ストップ!処女はストック切れだよ!」とテロリストを押しとどめているもの、もう一つはムハマンドがターバンに爆弾を巻いているもの。1444634575.jpgそして三つ目は、フランスの風刺画家カブが書いたもので、昨年2月、シャルリー・エブドの表紙を飾ったもの。「原理主義者にお手上げのムハマンド」というタイトルの下に、両手で顔を覆いながら「アホどもに愛されるのは辛い」と泣いているムハマンド、という風刺画でした。

起訴したイスラム関係者側は、これらの風刺画によってイスラム教徒のすべてがテロリストと同一視されたと非難。

これに対して、風刺画を描いたカブ氏は、タイトルを見れば「アホども」が原理主義者を意味していることはわかってもらえると思うし、決してイスラム教徒一般をさしたものではない、と述べています。
また、シャルリー・エブドの編集長、フィリップ・ヴァルは、フランスにおける表現の自由は何ものにも替え難い共和国の価値だと主張。「もしテロリストのイデオロギーについて風刺できなくなったら、恐怖に打ち勝つための笑いさえない無力な市民が自己防衛するためには何が残るというのか?」と記者団に述べ、この裁判を「中世の裁判」としています。

昨日のル・モンドにも、「別時代の裁判」と題した社説が。
昨年、デンマークから始まったムハマンド風刺画事件がフランスでも論争を巻き起こしたとき、ほとんど全ての新聞は「表現の自由」の擁護を訴えました。

「表現の自由」の尊さは、一般市民の間でも共有されているようで、この裁判に関するル・モンドWEB版の読者アンケートでは、「表現の自由と宗教を公の場で批判する権利を擁護する裁判となるべき」という答えが約83%と大半。「テロリストと同一視されたことで傷ついたスリム信者を擁護する裁判となるべき」という答え(9%)を大きく上回っています。

070208123401.3ydipvsg2_l-edition-speciale-de-charlie-hebdo-du-7-fevrier-2b.jpgシャルリー・エブドは裁判初日の7日、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の司祭が「シャルリー・エブドを覆い隠せ!」と叫んでいる風刺画を表紙にした「裁判スペシャル」を発行。

今回の裁判には、社会党書記長のフランソワ・オランド、UDF党首フランソワ・バイルーが、シャルリー・エブドの弁護人として出席。
また、裁判が始まって間もなく、ニコラ・サルコジからシャルリー・エブドを支持する旨の手紙が弁護士に読み上げられたそうで、これにはイスラム教関係者側がかなり動揺した様子。
というのは、私は知らなかったのですが、ニコラ・サルコジは内相でありつつ宗教相(?)だそうで、その立場にある人物がこういう裁判でどちらかを支持する声明を出すのは中立性を欠いている、として、憤慨した人もいるようです。
フランス・イスラム評議会の一部のメンバーは、「裁判が政治化されている」として政治家の介入を非難。
ニコラ・サルコジは、フランス・イスラム評議会議長のダリル・ブバクールに、大統領選候補者としての声明であり一大臣としてではない、と釈明したとか。

その他、弁護側証人に立ったのは、哲学者のエリザベット・バダンテール、週刊誌エクスプレス元編集長のドゥニ・ジャンバール、コメディアンのデュードネなど。また、ジャーナリストのモハメド・シファウイは、イスラムと暴力を結びつけ始めたのは、西欧の新聞や雑誌ではなく、ムスリム原理主義者であると主張。コーランの数節とカラシニコフ銃を関連付けたサラフィストなどを例にとり、原告側に向かって「ムスリムはまずこれに対抗するべきだ」と述べました。

検事代理人アンヌ・ド・フォンテットは、風刺画が表現の自由の所轄にあり、ムスリムという宗教ではなく原理主義を非難したものであると判断。シャルリー・エブドは無罪放免となりました。判決は3月15日に公表予定。

ところで、この裁判のニュースの間、2006年2月に問題の風刺画がシャルリー・エブドに掲載された際、シラク大統領が「明らかに挑発的」と批判したことが想起されています。シャルリー・エブドが司法によって全く罪に問われなかったことは、シラク大統領の国民に対する影響力がかなり衰えてきていることを反映しているような…。

参照:
Yahoo Franceより

「Charlie Hebdo devant la justice pour les caricatures de Mahomet」(Reuters)
「Charlie Hebdo raille le "proces medieval" des dessins de Mahomet」(Reuters)
「Caricatures: le CFCM deplore la politisation du proces」(Reuters)
Le Mondeより

Procès d'un autre âge
LE MONDE | 07.02.07

© Le Monde.fr




スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。