スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「真実のセゴレンヌ」対「真実のサルコジ」

 2007-02-05
大統領選候補者のウェブ上の戦いの話です。

imasaruさんディスコ・サルコのことを取り上げていらっしゃって、これ、私も見たことがあるのですが、「あまりにもつまらん・くだらん」って思って、しかも作者の意図が読めないし(imasaruさんと同じく「アンチ・サルコジからのイメージダウン戦略?」とか、「サルコジを小バカにして笑おうってことかな?」とか思ったのですが、どうも逆のような気がしました)、このブログで扱う気になりませんでした。imasaruさんとこのコメントにも書きましたが(入力ミスったまま投稿してしまった)、あまりにスマートで長身なニコラ、ずいぶん実物とかけ離れているぢゃないか。もっと縦に縮めろ。
しかしimasaruさんのフォローによると、これもウェブ戦略のひとつだったようですね。どうやらメール・アドレス収拾作戦でもあるらしい。

それはそれとして、以前imasaruさんからの情報で見たカソヴィッツ・ブログの最新エントリー(といっても2006年10月)で取り上げられているアンチ・サルコジのクリップ「Le Vrai Sarkozy(真実のサルコジ)」のことが、ル・モンドの記事に載っていました。
この記事によると、問題のクリップの閲覧者はかなりの数にのぼるらしく、Dailymotion、You Tube、Google Videoで記録的な数字を更新中だとか。

そして、UMPメンバーの若手がこれに対抗して「Le Vrai Vrai Sarkozy(本当に真実のサルコジ)」というクリップを流したとのこと。こちらは、「Arret sur Images」という国営TV局France5の番組で放映されたルポルタージュの抜粋。この番組は、ニュースで流された映像をさまざまな角度から検証するもの(例えば、制作側の意図に沿うよう故意の編集によって作り上げられていないか、など)。2005年11月、アルジャントゥイユという郊外都市にサルコジ内相が訪問した際、「racaille(ごろつき、人間のクズ)」という言葉を使ったことで波紋を呼び、そこから事態の沈静化が困難なまでの騒ぎに発展したことは忘れられない大事件でしたが、「Le Vrai Vrai Sarkozy」のルポルタージュ映像では、この訪問の際、サルコジ内相は住民の声に熱心に耳を傾けてくれた、とか、実は住民の一人の女性がまず最初に「racailleを追い出してよ」と内相に語りかけたのであって、ニコラ・サルコジはそれに答えて同じ「racaille」という言葉を使ったのだ、とかいう証言が取り上げられています。
しかし、この対抗作戦は成功したとは言い難いようで、アンチ・サルコのクリップに比べ、その閲覧数は足元にも及ばない(UMP側のは3600あまり、アンチ・サルコのは150万!)。

20070205233803.jpgそして、今度は違った対抗クリップが。その名も「La Vraie Segolene(真実のセゴレンヌ)」。この製作者本人はUMP支持者ではないと主張しています。ただ、アンチ・サルコのクリップがあるのだからアンチ・セゴのクリップがあってもいいじゃないか、と思ったとのこと。また、製作者は、有権者が世論調査の統計とイメージに騙されてセゴレンヌ・ロワイヤルに投票することを危惧しているようです。
ちなみに内容は、セゴレンヌ・ロワイヤルがフランソワーズ・ド・パナフュー(UMP党員)にイスラエルのホテルですれ違ったとき、後者からの厳しい批判を受けた後だったので「あなたには挨拶しない」と断ったとか(政治レベルの話なのに個人関係に混同した)、「bravitude」という存在しない語を発したとか、ケベック独立の話とか、フランス所有の原子力潜水艦がひとつと答えた(正解は七つ)とか。
製作者は、「Le Vrai Sarkozy」とは名前と一部の音楽以外には全く類似性がないので比較しないでいただきたい、とコメントをつけています。そして「これは社会党に指導されたプロのチームが作ったものではない」とも。
このコメントからすると、「Le Vrai Sarkozy」は社会党が作ったということのようですが…その辺の真相はちょっとわかりません。

「真実のセゴレンヌ」対「真実のサルコジ」 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。