スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ワインの広告とニコラ・サルコジ

 2007-02-27
以下、ワインに興味あるものとして注意をひかれた記事。

大統領選候補者ニコラ・サルコジが、ロワールのサンセール地方を訪れ、ワインの広告を許可する方針を示しました。

le-candidat---la-presidentielle-nicolas-sarkozy-bob.jpgサルコジ氏は、アルコールを全く飲まないそうで(公の場だけ?)、これまでは酒倉見学でも味見を断ってきたとのこと。今回は、生産者や地元議員らによって準備された試飲会で二口ほど飲んだそうです。

フランスでは、アルコール関係の広告に厳しい制限があります。1991年のエヴァン法によって、テレビと映画館でのアルコール商品の広告は一切禁止。また、若年層向けの雑誌、未成年が聞くラジオ番組での広告も禁止されています。その他、広告が認められている範囲でも、必ず警告文を添えなければいけません。
ワインについては、更に広告しにくい状況になっているらしい。地方特産としてはいいが、地方銘柄で広告してはいけない…ということなのですが、よくわかりません。ワインの地方銘柄が一般地理的呼称と違うことが関係しているのかな?

この法律は、国民の健康に関する議論から出てきたもの(なので、アルコールに限らずタバコに関する法でもあります)。特にアルコール中毒への対処を主眼とした法ですが、議論の中ではアルコール過剰摂取による病気、アルコール摂取後の運転による交通事故なども問題にされたようです。

その甲斐あってか?フランスの飲酒率は減っており、「食事には必ずワイン」という観念は(特に若者の間で)すたれてきています。
また、近年、ニューワールドのワイン、すなわちカリフォルニアや南米、オーストラリアのワインが市場を占める割合が増えてきており、フランスワインは低迷気味。
そんな状況の中、フランスのワイン生産者としては、宣伝することができればもうちょっと市場が広がるのでは、と考えるところでしょう。

サルコジ氏は「ワインはドラッグではない。ワインをタバコや薬物と混同するのは間違いだ」とワインを擁護。更に「ワイン用ぶどう栽培は、単に経済的活動ではなく、フランスの伝統、個性、技能である」とし、ワインの文化属性や、生産者の労働の成果としてのワインという面も強調。「節度あるものあれば、ワイン消費についての広告を認める」という立場を明らかにしました。

参照:
Yahoo Franceより

「Sarkozy fait les yeux doux aux viticulteurs」(AP)
Le Mondeより

ワインの広告とニコラ・サルコジ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。