FC2ブログ

東西ドイツにおける敗戦直後の喪の作業 その4

 2006-12-18
その1その2その3からの続き)

西ドイツでは、東ドイツとは違った様式で、ナチスの過去の抑圧と否認が進行した。東ドイツでは反ファシズムであったが、西ドイツでは反共産主義が前面に押し出されて、それが集団的心理防衛力を牽引した。そして、特に経済が重要な役目を果たした。

反共産主義は、実はナチスのイデオロギーの延長である。共産主義とユダヤ人は共にナチスの敵であり、ナチスはボルシェヴィキとユダヤ人を表裏一体とみなしていた。例えば、第一次世界大戦の大敗の責任があると糾弾されたローザ・ルクセンブルグとカール・リープクネヒトはユダヤ人であった。しかし、多くのドイツ人にとって、反共産主義は戦前の価値観のつながりを保つのに恰好であった。背景には冷戦もあり、反共産主義は連合国にとっても都合が良かった。
反共産主義はソ連への敵対心を煽り、ソ連と協調しているドイツ民主共和国との分裂を深めた。そして、ドイツ民主共和国と同じドイツであったことなど思い出したくもないといった傾向に導かれた。つまり、1945年以降、西と東のドイツは、地理的だけでなく時間的にも分裂した。こうして、西ドイツにとっては東ドイツが犯罪的な部分となり、反対に東ドイツにて西ドイツはナチス政体の続きであると宣伝された。強迫観念的な心理メカニズムによって、自己の罪悪感は否認され他者へ投射されたのである。

東西ドイツにおける敗戦直後の喪の作業 その4 の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫