FC2ブログ

東西ドイツにおける敗戦直後の喪の作業 その2

 2006-12-13
その1からの続き)

ドイツ民主共和国における喪の作業
ソビエト連邦の占領とそれに導かれた抑圧的な政策により、ドイツ民主共和国においては、国民の犠牲者意識が強まり、反面、罪悪感が軽減された。
ピエール-イヴ・ゴダールは、ある逸話を取り上げている。それは、ラーフェンスブリュック女性収容所があったフルステンベルグという街で起こった出来事である。1992年、旧強制収容所の敷地内、かつての囚人の手によって敷かれた石畳の上に、スーパーマーケットを建設する計画が進められた。これには世界中から抗議の声が上がり、結局、計画は中止を余儀なくされた。しかし、その街の多くの住民は、計画に反対する人々の怒りが理解できなかった。ソ連の支配下と40年にわたる社会主義による貧困を生き、博物館や記念碑訪問といった毎年の義務を長年果たしてきた後で、やっと普通の生活を送ることができるのは正当だと考えていたからである。スーパーの建設は、彼らにとって、時代の変化と不運からの脱出の徴であった。
この逸話に、東ドイツの人々が自分達を犠牲者と感じていたという面が現れているといえよう。

ところで、東ドイツでは、戦後すぐにナチスの罪と虐殺についての反省が現れた。それは特に、亡命から戻ってきたユダヤ系知識人によってなされた。「水晶の夜」の10周年追悼式が行われたのも、1948年、ソ連占領下においてであった。
しかしながら、次の追悼式は1988年まで待たなければならない。この40年の空白は、反ファシズムによる戦後再建の時代を意味している。

東西ドイツにおける敗戦直後の喪の作業 その2 の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫