FC2ブログ

「中東:急進勢力と原理主義の結合を妨げるべき」

 2006-08-14
イスラエル-ヒズボラ抗争について、色々と新聞紙上に専門家や元外交官などの意見が載っていて、いくつか訳したいなと思いつつ時間がなくて、その中からどれか選んで…と思っても選択しがたく、結局何も訳していませんでした。
で、土曜日のル・フィガロに、以前ムハマンドの諷刺画関連で紹介したことのあるオリヴィエ・ロワが寄稿していたので、とりあえずこれだけ訳しました。

原文↓
「Moyen-Orient : empecher la jonction des forces radicales et extremistes」
(ル・フィガロは無料閲覧期間が短いので、リンクが早々に切れるかもしれません。)

20060812.FIG000000439_23361_1.jpgオリヴィエ・ロワはイスラム研究者で中東と中央アジアの専門家。
この記事は、シーア派とスンナ派の関係や、ヒズボラとハマスという二つの潮流が同じものではないことなどを手短に語っており、中東の背景の大筋をつかむためには勉強になります。しかし紙面が限られているせいか、当地の情勢に詳しい筆者であるだけにそれを説明しきれない不満足さと、表明しきれない欧米の外交に対する苛立ちがにじみ出ているような気がしました。
しかし、それだけにまた、「軍事的解決は持続しない」「政治的合意のみが地域圏を安定化しうる」という彼の言葉に説得力を感じました。

「中東:急進勢力と原理主義の結合を妨げるべき」 の続きを読む

スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫