スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サッカー考・ワールド・カップによせて (ジダン編)

 2006-07-13
14juillet前夜祭です。去年と同じく、音は聞こえど姿は見えず、の花火。イライラするというか、もう諦めモード、どーでもいいです。あげたいだけあげとけ、花火。って気分。

さて、衝撃の決勝戦から昨日のジダンのTVインタビューまで、フランスのメディアにとっては、まだワールドカップが終わっていません。

今日なんか、ル・フィガロを見たら、Opinionのコーナーが全部ジダン関係。そこまで深刻か?と逆に白けました。というか、そういうのって胡散くさいというか、阿呆くさいというか。

正直に言って、ジダンの退場、私はすごくショックでした。そして試合の流れでは押していたフランスがPKで負けて、くやしかったし、本当にがっかりでした。熱中しすぎたせいと、解説者のコメントは耳に入ってなかったせいなどで、冷静な分析を述べることは不可能…っていうかもともとにわかミーハーファンなんだからそういうのはできないんですけど、それに加えてあまりにショックで語れなかった、語る気にもなれなかったという。

でも、後から、自分の中で納得いかないことなどを考えると、やっぱりムラムラとムカついたり、「なんか言いたい」みたいな気分になったりして、それに加えて、本当はワールド・カップが終わる前にサッカーの社会的イメージについて書きたいなーと考えていたこともあり、今回、吐き出しておこうと思います。

サッカー考・ワールド・カップによせて (ジダン編) の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。