スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

移民に関する二つの世論調査

 2006-05-03
4月30日、フランスの世論研究機関Ifopが実施した調査をジュルナル・ディマンシュ紙が発表。それによると、フランス人の約半数が、移民に関するサルコジ内相の考えに同意している、とのこと。これを目にして私は気が重くなってしまったのですが、記事をよく読んでみると、サルコジ内相の考えに47%が賛成、52%が反対、1%が無回答。「約半数が同意」とか言って、反対も約半数…っていうか、反対の方が多いじゃん!なんか嫌な見出しのつけ方だな。
しかし、この調査によると、移民についての考えで最も共感を得ているのがサルコジ内相だという。次いで多くの支持を受けているのはジャック・ラングで、彼の考えを41%が支持(54%が反対、5%が無回答)。続いて、ドミニック・ド・ヴィルパンに28%が同意(68%が反対)、ローラン・ファビウスに25%が同意(68%が反対)しているとのこと。
移民といえば、その排斥が極右の「カンバン」なわけですが、フィリップ・ド・ヴィリエには21%(反対75%)、そしてジャン-マリー・ル・ペンには20%(反対79%)の賛同者がついているらしいです。

翌日の5月1日、もう一つの世論調査の結果が明らかに。こちらはLH2という機関が調査、5月2日付けリベラシオン紙で公表されました。それによれば、約半数のフランス人が「移民はフランスにとって繁栄の鍵である」と答えたという。ん?また「約半数」ですか?もしかして、実は半数以上がネガティブな回答だったりして?…と続きを確認。すると、先のポジティブな回答が46%、反対に「移民はハンデである」と答えた人が36%、「どちらでもない」が6%、無回答が9%。外国人である自分としては、ほっとさせられる結果でした。
しかし、経済については少し事情が違うようです。「移民はフランス経済の繁栄の鍵である」と考える人は42%と、ちょっと数が落ちます。反対に「ハンデである」と考える人の率は変わらず。社会的給付金についてとなると、61%が「移民はハンデである」と回答(「繁栄の鍵である」は23%)。
また、移民についての政治選択に関して、「安定した状況(5年滞留)にいる非合法移民の滞在正規化」に、76%が「どちらかといえば賛成」。そして、54%が「フランスは移民を受け入れる国であるべき」と考え、48%が「フランスの経済的需要に応じて移民を選抜するべき」と考えているそうです。
そして、移民改案の争点となる「家族呼び寄せ」についてですが、34%が「もっと厳しくするべき」であると考えているものの、58%はその反対の意見であるという結果が出ています。

統計は、あくまで参考、それが絶対的に全体の声を表すものではないけれど、とりあえず、サルコジ内相の改正案に賛成している人の方が圧倒的に多い、というわけではないと考えることができそうです。

060501172233.gvdv5mlj0_des-manifestants-protestent-contre-le-projet-de-lob.jpg←こちらは、移民法改案反対デモで、「あなたには恋に落ちる権利があったんだっけ?」「移民法案=フランス-外国人カップル=非合法カップル」と書いた紙を掲げる参加者。

参考:
Yahoo Franceより

Immigration: 47% des Francais se declarent proches des idees de Nicolas Sarkozy, selon un sondage(AP)
L'immigration, un atout pour la France selon 46% des Francais(AFP)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。