スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

暴動、その後

 2006-05-30
一週間以上前になりますが、郊外の暴動で逮捕された青少年達のその後を追った記事がル・モンドにありました。

時間があまりなかったのと、ちょっと逡巡していたこともあって、訳が遅れました。それで、昨日から訳していたのですが、ちょうど昨夜、記事中に出てくるモンフェルメイユのボスケ地区で、若者達が警察と衝突する騒ぎが起こりました。このモンフェルメイユは、昨年秋の郊外暴動の発端となった地域。

先に、昨日起こった事件について書いておきます。
100人近くの覆面をした若者達が警察と衝突。彼らは野球バットなどで武装し、市庁舎に火炎瓶を投げたとのこと。騒ぎは22時30分頃から3~4時間続いたそうです。
モンフェルメイユの市長、イグザビエ・ルモワン(UMP)によれば、今回の騒ぎは、今月初めにバスの運転手が襲われるという事件があり、その容疑者が逮捕されたことと関連があるようです。
ルモワン市長は、今年の4月7日、市内で15歳から18歳の若者3人以上が集まることを禁止、16歳以下の場合は移動する際に大人が付き添うことを義務付ける条例を発布しようとしました。しかしヴァル・ドワーズ県セルジー-ポントワーズ市行政裁判所によって保留に。
この条例について、ノエル・マメール(Verts:緑の党)が批判。若者達の怒りを煽ったとみています。また、ボスケ地区に住む16歳の少女も、この条例が若者達に挑発ととられた、と述べています。彼女は「警察官たちは自分達が何をやってもいいと思ってる」と言い、「警察は私たちのことをちゃんと尊重してくれるべきなのに、ひどい差別がある。暴動騒ぎはまた始まると思う」と予想しています。更に「市長がいる限り、ひどい状態が続くでしょう。暴動以前よりひどい。行くところ行くところ、身分証明書の検査をされる」と、市の権力機関との緊張関係が悪化している様子をうかがわせています。
他方、市長は違った見解を示しており、「公共の力と結びついた行動が、不法取引している者たちを窮地に追いやるところまできた」と状況を分析。市長は、密売などで幅をきかせる者たちに妨げられた一般住民の権利回復のために働く、という方針を推し進めているようです。
(参照:Yahoo Franceより「Retour au calme a Montfermeil」AP)

さて、ル・モンドの記事内容についてですが、あの騒動で逮捕された若者すべてが同じような境遇にあるとは限りません。一連の騒ぎで逮捕された多くの人の中からたった4人の証言というのは、それがほんの一部であり、すべてを代表するものではないということ。大部分が彼らのようであるのかどうかは、私にはわかりません。
ただ、暗がりで起こったことであるし、不当逮捕された人は少なくないと思います。サルコジ内相が、あのどさくさにまぎれて、逮捕された外国人の滞在許可証を取り消すと決めたことは、全く慎重さを欠いていたと思います。

記事を読んで、彼らはある意味犠牲者であるとか、逆に、そう言うことは欺瞞であるとか、そういう感想もあるだろうと思います。
しかし、内容自体よりも、自分も含めて世間が彼らのことを、また一連の暴動を、済んだこととして忘れつつあるのではないか、と問うことが大事なように思います。
あれ以来、本当に何かが変わったのだろうか…。
昨夜のモンフェルメイユでの事件の報道を読むと、事態は好転しているとは言い難いようですが。

暴動、その後 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。