スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本の国際的人権保護レベル

 2006-05-29
アムネスティ・インターナショナルが日本の人権保護レベルを批判、という記事がル・モンドに。

アムネスティ・インターナショナルは、日本が死刑を続行していることと難民受け入れを厳しく制限する政策を行っていることを非難したとのこと。

ル・モンドでも共同通信やロイター通信からの情報を元に、ほぼそのままのかたちで多少付け足しなどして記事を載せていることもあるのですが、この記事は東京在住の特派員、フィリップ・ポンスの手によるもの。ということは、ル・モンド独自の記事であり、世界を駆け巡る記事ではない可能性が高い?…とちょっと気になって、簡単に日本の新聞サイトをまわってみました。が、同内容の記事は見当たりませんでした。日本では報道されていないのかな?
(ぐぐった結果、総括概略的な記事はニ、三見つかりましたが、日本が批判対象になっていることはほとんど書かれていないようです。)

アムネスティ・インターナショナルについて、どういう団体かよく知らないのでウィキペディアで検索(その結果、日本語はこちらフランス語はこちら)。それによると、「和名は『国際人権救援機構』」だそうです。特に「良心の囚人」の解放、死刑廃止、拷問の廃止、政治犯罪の撲滅に力を注いでいるようです。そして、2001年にダカールで行われた彼らの国際会議で自らを定義したところによれば、「アムネスティ・インターナショナルは人権のために闘う人々の世界的な運動である。この団体は、公平な捜査と国際的権利に基づいた行為によって、人権侵害の被害者の名のもとに介入する。そして、全ての政府、政治的イデオロギー、宗教または経済的利益から独立している。」

「人権」というのは非常にデリケートでかつ難しい問題(なのでここで無遠慮に扱いたくない)ですが、それだけに広く議論がなされる(またなされるべき)問題なのだと思います。人権という概念が、フランスと日本でずいぶん違った扱いを受けていると感じていますが、その違いがこのル・モンドの記事に現れているのではないかと思います。そして、そういった違いがあるからこそ、ル・モンドでは記事になり、日本の新聞ではこうした見方で扱われないのかもしれない、と思いました。

要約するのが面倒くさかったので、全訳しました(多少意訳もあり)。
興味のある方はどうぞ↓

日本の国際的人権保護レベル の続きを読む

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。