スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サルコ・ショウとMPF党ド・ヴィリエ氏

 2006-04-22
もうすぐ(5月2日)サルコジ内相が提出した移民法改正案が協議される予定。
それに伴ない、人権保護団体や不法移民の生活援助などをしているキリスト教団体からの批判を、ちらほらメディアでみかけます。

20060423010318.jpgさて、サルコジ内相は、本日パリで開かれた、自身が党首を務めるUMP集会で約2000人の新党員を前に演説、移民について「もしフランスが好きでないなら去ればよい」と発言。更に、4年前の大統領選でFN党に投票した有権者の多くは、本当に極右を支持していたのではなくて政府に信頼がなかったのであり、自分はこのFNの票を集める意向である、と、次期大統領選を目した発言も。

この「もしフランスが好きでないなら去ればよい」という言葉、極右政党MPFの党首、フィリップ・ド・ヴィリエ氏の政治的スローガンを彷彿とさせます。

ド・ヴィリエ氏は、自身の政党のスローガン「フランスを愛せよ、さもなくば去れ(La France tu l'aimes, ou tu la quittes)」をサルコジ内相が「複写した(d'avoir duplique)」と非難。
※註:dupliquerとはduplexerと同義語で、後者はロワイヤル仏和中辞典によると「(電気通信で)同時送受信機を設置する;(放送を)多元化する」という意味。この発言の場合、ラテン語からきたduplicata(複本、写し)の意味が強いと思われる。

20060423010103.jpgまた、ド・ヴィリエ氏はサルコジ内相が「二枚舌」であると批判しています。内相が各方面で発言している意見・政治的態度を総合すると矛盾する、と言いたいらしい。なぜなら、一方でサルコジ内相は極右政党スローガンのコピーのようなことを言い、移民法を厳しくして締め出しを行う態度を見せながら、他方では外国人に地方自治体選挙の投票権を与えることに賛成したり、モスク建設の費用を国から援助することを提案している、というのがド・ヴィリエ氏の主張。
このブログでも以前、イラン・アリミさん殺害事件後のデモで起こったハプニングに触れ、ド・ヴィリエ氏のことはちょっと書いています。彼は「フランスのイスラム化」に反対している政治家であり、彼にしてみればモスク建設のための国からの経済的援助などもってのほかでしょう。他の視点からみれば「フランスが好きでないなら去ればよい」という発言とモスク建設援助は矛盾しないのではないかと思うのですが。(というか、問題点が違うと思うのですが。)
ところで、極右政党やポピュリストに特徴的なのは、わかり易く単純化された主張。ド・ヴィリエ氏の発言を読むと、彼の中ではムスリムとイスラム原理主義とテロリストが一つのカテゴリーに分類されていそうな気配。こういうのは危険です。

参照:
Yahoo Franceより

「Philippe de Villiers denonce le "Sarko-show"」(Reuters)
「Sarkozy: "si certains n'aiment pas la France, qu'ils la quittent" 」(AFP)
↑UMP集会の映像が見られるリンクつき。サルコジ内相の熱弁がちょっとだけ聞けます。(アンチ・サルコジとしてはゾッとしない映像ですが。)
「Nicolas Sarkozy courtise les electeurs du FN et du PCF」(Reuters)

サルコ・ショウとMPF党ド・ヴィリエ氏 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。