スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

植物性オイルの燃料

 2006-04-20
石油の値段が急上昇中らしいですが。

先週のEnvoye specialというルポルタージュ番組で、植物性の油がガソリン自動車燃料として使えるという話をやっていました。
フランスの南部(正確にどこだったか忘れましたがLot-et-Garonne)では、菜種油ひまわりの種から抽出した油を自動車用ガソリン燃料として精製して売っている農家の人がいるそうです。この農家の人は、自動車燃料売買にかかる税金を払えとTTIPという石油製品にかかる内国税(la taxe interieure sur les produits petroliers)が未払いであると、国から請求されているらしいですが、「自分は植物油を売っているだけ」と断固拒否。
菜種ひまわり油だと排気ガスの問題が殆どなく、環境にいいらしい。そのうえ、石油ガソリンより格段に安い。ということで、この農家の人が住んでいるところの自治団体がゴミ収集車の燃料として採用しているとか。
ただ、こうした植物油だけで自動車を動かそうとすると、モーターがいかれてしまう危険性があるそうです。推奨されているのは、ひまわり油30%に従来のガソリン70%という混合燃料。上記のひまわり油を燃料に使用した車は、それだけで動かしているわけではありません。ところで、100%植物性オイルひまわりの種や菜種から抽出した植物油だけで稼動するモーターを開発して売り出している小企業があるそうですが、実際には、その会社の車がモーターの故障で修理に出されているということが判明。まだ限界があるようです。
しかし、自然の植物油では限界があるものの、植物性オイルの開発は進んでいます。フランスでは、植物性のdiesterというオイルが、大統領及び公共交通機関の車やバスに使われています。とはいえ、使用燃料の30%に限られている上、一般には入手できません。いわば特別扱いの待遇で使われています。
隣国ドイツでは同じdiesterが100%、ガソリンに代わる燃料としてここ数年でかなり普及、Bio Desel(バイオ・ディーゼル)という植物性ガソリン燃料が一般に流通しており、大人気。何より従来の石油ガソリンより安い、また、植物性であることから収穫に限りがあるとあって、ガソリンスタンドでのストック切れも頻発しているほど。
また、ブラジルでは砂糖きびから抽出したガソリン植物性燃料が広まっているとか。ただ、あまりに人気が出たため、砂糖きび畑での労働が苛酷になるという二次的な弊害が浮き上がってきているらしい。収穫量につきいくら、という歩合制賃金なので、貧しい労働者が一日10時間以上働くという。

でもやっぱり、地球環境の将来とか心配だしなあ。フランスも植物性油のガソリンを認めればいいのに~と思いました。

以下余談。昔友人に借りて読んだ「ゴルゴ13」に、水素で動く自動車がどーのこーのというエピソードがありました。ホンダとおぼしき日本の優秀な自動車会社から独立した日本人技師が、水素を原動力とした自動車を開発してフランスの自動車会社から発表しようとするという話。ところが、アメリカのメジャーが石油に絡んだ利益を保持するため、ゴルゴ13に頼んで試験車を狙撃させ、水素爆発に見せかけて計画をおじゃんにさせる…というオチでした。
このエピソードで、フォードが自動車普及を目論んで鉄道開発を阻止したという話を初めて知りました。サンフランシスコに住む友人(といっても還暦過ぎのおじさま)によると、たしかに昔は鉄道が走っていたのが、いつの間にか廃線になった、とのこと。アメリカが京都議定書に署名しなかったとき、妙に納得してしまいました。

石油消費量が激減したら世界のパワーバランスもまた変わってくるんだろうなあ…なんて考えたり。

※4月30日 加筆・訂正しました。
コメント欄のSimonさんの説明が詳しいので、興味のある方はそちらをご覧ください。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。