スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

CPE関連の動向

 2006-04-07
先日、「反CPE運動が尻すぼみになるのでは」と書きましたが、それどころか、とうとう私の所属する大学も閉鎖になってしまいました。という知らせで起こされた今朝。惰眠を貪るのもたいがいにしろ、ということか。でも眠いんだもん。
つか、知らせてもらって助かった…。

昨日、ド・ヴィルパン首相がプレス記者会見をして、「自分はあまりにことを急いた」と認めました。「しかし、それはすべて若年雇用のため」とも。また、政府は改めて労働者組合や学生組合、また経団連の代表と個別に話し合いをしています。しかし、昨日、会合を終えた学生組合の代表は、「向こうはただこちらの意見を聞いていただけ」「前提なしの話し合いを、と言っているが、廃案の影もない」と述べつつ「予想していなかったわけではない」と皮肉っぽい反応。更に、経団連の代表パリゾ女史は「色々な提案をした」と言っていますが、廃案を仄めかしたかどうかは曖昧なところ。

パリゾ女史は、最初からCPEにはよい顔をしていなかった。「CPEを作らなくてもCNEを拡大すればよい」と言っていました。実は、そこのところ、よく理解できていなかったのですが、CNEが従業員20人未満の企業に適応される雇用契約なのに対しCPEは20人以上の企業を対象にしているということがポイントなのですね。CNEは施行から半年以上経っており、政府はその効果として、雇用が増えた言っています。しかし、実際のところはどうなのか判断しかねるところ。ただ、PME(中小企業)にとっては、CNEのおかげで気が楽になって新しい雇用もしやすくなったようです。従業員にとって不安定さが毎日のストレスになるとすれば、企業にとって解雇にかかるコストがストレスになるということでしょうか。そういうわけで経団連はCNEを評価していますが、反CPE運動の広がりによってCNEにも影響が出るのではないかと心配しているようです。
ところで、大企業を対象とするCPEがCNEと競合になったら、中小企業の雇用を促進するというCNEの目的はどうなってしまうのか。

それから、本当にCPEで雇用が創出されるのでしょうか?CPEって、試用期間と解雇理由云々の点を除けばCDI(無期限雇用)と同じと政府は強調しているけれど、じゃあ最初からCDIで雇えばいいじゃん、と思ったり。CDIでも試用期間はあるんだし。
ただ、CPEは従業員20人以上の会社に適用、って、どういう基準なのかわからないのですが、「20人」が「中小企業」と認められる規定数なのかなあ。21人でもかなり小さいと思うんだけど。だったらCNE適用枠をもうちょっと広げればいいのに、と、パリゾ女史が言っていたことを飲み込めた気がします。正しい理解かどうかわからないけど。

で、景気好転のための雇用の創出、まずそこから流動化させようということで、現政府は雇用契約に着手したわけですが、それって本当にそれしか選択はないの?と疑問。昨日、TVニュースの後のインタビューコーナー(Question-ouverte)にドミニク・ストロス-カーンが出演していて、経済学者の彼は、政府は着手するべきところを間違っていると言っていました。そして、高校や大学の封鎖について訊かれ、「すぐに止めるべき」と答え、続けて「政府はすぐに強硬姿勢を止めてCPEを廃案にすべき」と言っていました。

私は、CPEは即刻廃案にすればいいと思います。
シラク大統領の発表によって改正を余儀なくされたCPEは「死産」と言われているし、私もそう思います。CNEが良いものとは思わないけれど、それとの兼ね合いを考えても、CPEは必要ないと思います。

話し合いをするとか言いながら、なんだか腰の重い政府の対応を見ているとイライラしてきて、「政府は何をやってるんだ、ったく!」とオヤジっぽく呟いてしまいそうになります。反CPE運動が社会に引き起こす弊害について呆れたり怒ったりしている人もいるようですが、私はそれよりも政府の対応に問題があると思います。こうなってくると学生たちの反CPE運動に参加したくなってきます。

参照:
Yahoo Franceより

Villepin reconnait avoir voulu "aller vite" dans l'affaire du CPE (AP)
CPE: Bruno Julliard (UNEF) ne voit "aucune inflexion" vers une sortie de crise (AP)
CPE: le Medef a fait "des propositions" (AFP)
Le Mondeより

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。