スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

CPEで25分後解雇

 2006-04-04
CPE関連、ひとつだけ。
ディミトリー君、19歳、CPEで雇用され、その25分後に解雇された、という記事。
Reuters発 Yahoo France経由
「Dimitry, 19 ans, premier CPE de France licencié en 25 minutes ? 」

ま、やらせなんですけど、こういう抗議の仕方もある、と。結構愉快なやつらだな、なんて思っちゃいましたけどね。

春眠むさぼってる私はそろそろ就寝なので、とりあえず詳細は明日にでも。

-----------------------------------------------------

寝て起きました。

記事の内容はというと、高校生の学生組合FIDLが、組合員の一人をCPEで雇用、25分後に解雇したというもの。
雇用されたのは19歳の高校生、ディミトリー・ウポ君。彼は、CPEが若者をどんな状況へ陥れるかを知らしめるため、この雇用-解雇劇に参加。
FIDLは廃案支持派らしく、組合長のトリスタン・ルキエ君はシラク大統領の改正案に「試用期間を二年から一年に短縮したところで、初期雇用契約が不安定であることにはなんら変わりはない」と反対。今回の25分解雇劇で、解雇がいかに簡単であるかを示し、CPEによる雇用契約が不安定であることを強調、「被雇用者にはいかなる保障もない!大まかに言えば、それは毎朝のストレス、毎晩のストレスです」と訴えた。ルキエ君は、「煽り」とか「挑発」としてやったのではなく、「僕たちはまさに現実にいるのです。CPEは法に属し、法を行使することができます」と弁明。
「25分で理由なしに解雇、全て法に則っています」とトリスタン・ルキエ君。ディミトリー・ウポ君は「〔そんな目に合うのは〕僕が最後であってほしい」とコメント。

ま、勿論、わざわざ雇用して25分で解雇する会社なんて、間違いでもなければ、そうそうないと思うんですけども。なかなかのパフォーマンスです。

ところで、問題のCPEですが、シラク大統領が公布を発表したものの、実際には改正待ち。大統領自身が、改正した新法が採択されるまではいかなるCPEにも署名しないよう呼びかけています。

今日、太極拳を一緒にやっている50代のフランス人女性二人組に「この事態はフランスとして非常に重大」と言われました。「いまや一家の主となるのに26歳まで待たなきゃならなくなんのよ。生活が不安定だったら子供も作れないわよ」と。もう一人には「68年のときよりひどい。若者達は、あのときより貧乏になってるのよ」と。とりあえず、うんうんと頷くばかりでありました。

まあ色々と考えたことはあるんですが、うまくまとめて書く時間があれば後々。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。