スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

なんちゃってスシ屋

 2006-03-01
先月のとある金曜夜、友人とパリの中国人(だと思う)経営「なんちゃってスシ屋」(というのが彼女との通称)に行ってきました。
私は何度かこういう系列のお店に行ったことがあるのですが、友人は気になってはいたものの未体験とのこと。
どこのお店もほぼ同じだと思うけれど、やっぱりおいしいとかまずいとかあるのかな、そんなら同じ系統のお店が集まっているところの方がハズレが少ないかな?と思い、「なんちゃってスシ屋」ブレイク発祥の地(多分)、オデオンとリュクサンブールをつなぐムッシュウ・ル・プランス通り(Rue le Monsieur le prince)へ。

たいてい、この手のお店はスシとヤキトリが一緒になっています。
で、たいてい、この手のお店の名前は「ヤキジャポ」「トキョラマ」「ジャポトリ」などのヴァリエーション。ムッシュウ・ル・プランス通り以外の場所で、ブームにのってわりと最近できたお店だとこの限りではありませんが。

別の友人(mielさん)の日記(ここの8月13日)を読むと、どうやらお子さんが焼き鳥好きで、この手の焼き鳥&すし屋にはたまに行くとか。うん、たしかにお子様が好きそうな味付け。ちなみに、私は彼女に同感で、日本人じゃない人たちの経営だからって「ニセものだ、けしからん」とは思わないです。要は味ですもんね。
でもねえ…笑っちゃうんですけど。

何が笑うって、握り寿司のセットなのに、ご飯が出てくる。初めて行ったときは、そんなに白米ばっかり食わせんな~!食べきれん~!と思いました。っていうか、不思議。
sushi.jpg

で、私たちはにぎり盛り合わせにしたけれど、もっとお値段的に手軽なメニューになると、全部サーモンのにぎり寿司とか全部カリフォルニア巻き、っていうのもあります。そんなにおんなじネタばっか食べて嬉しい?って思っちゃうんですが…周囲のお客さんをみると、サーモンだけのメニューをとっている人がわりといました。
それと、周りの人を観察していたら、白ご飯に醤油をかける率100%。ちなみに、日本人客は私たち以外にはいなかったと思います。

あと、どこのお店でもスタンダード化しているのが、スープとサラダ。
20060301221423.jpg
セットメニューに必ずついてくる。そして、アントレのノリで、まずこれが出てきます。次に続くもの(焼き鳥か寿司、つまりメイン)をもってきたときに、このスープとサラダは食べ終わっていなくてもさげられそうになります。
スープは味噌汁ではなくておすましに「近い」もの(あくまでも「おすましである」とは言い切れない)。具はマッシュルーム。でも、化学調味料だけで味付けましたっていう感じのお味。サラダの方は、キャベツの千切りに甘酢を和えたもの。この甘酢がやや謎。りんご酢か?同居人はお酢にオレンジジュースを混ぜてるんじゃないかと言っていたことがありますが。
しかし店によって微妙に味の違いがあるようで、今回入ったお店のサラダはと~っても甘かった。スープは、すっごく味が濃くて、全部飲むと口の中の味覚が破壊されそうな不安に襲われ、ほとんど残してしまいました。

今回、私たちは握り寿司と焼き鳥の両方がついているセットメニューにしました。焼き鳥のタレもまたスタンダード化された味。やっぱり甘め。
yakitori.jpg
つくねは、子供の頃にお弁当に入っていたミートボールを思い出しました。
mielさんちのお子さんが、そのつくねと並んで好きだという牛肉のチーズ巻き、これは写真の一番右下のやつですが、冷めるとチーズが固まってしまうのが難。

こういうお店の客層は、若い学生が圧倒的に多く、値段も手頃ってことでずいぶん賑わっていました。ただし、その分、回転がめちゃくちゃ早い。私たちが居座っていた2時間(もうちょっといたかな?)で両隣のテーブルはそれぞれ3回転。儲かってんだろーなぁ~~。
私たちは、「まずはビール」ってな日本人、その後に白ワインなど飲み始め、なんだかつまみが足りないわ~ってことになって、追加でしめ鯖など注文。こういうのんびり日本居酒屋流の食べ方は、この学生食堂風ヤキトリスシ屋ではだいぶ異質だったかも。
で、そのしめ鯖ですが…
shimesaba.jpg
斬新な切り方。
えっ、これしめ鯖ですのん?たしかに青光りしてるところが鯖だけれども…。
二人ともしばらく無言でこの青光りの切り身をみつめてしまいました。
ま、一応、味はちゃんとしめ鯖でした。ただ、鯖自体の味がちょっと薄かったですが。

全体的な感想としては、回転が速いだけに、どんどん皿をさげられそうになるのがちょっと気になるものの、貧乏学生にとってはまずまず満足できるかな、という感じ。値段に見合ったお寿司だと思います。食べられないってほどまずくない。

またお寿司が恋しくなったら行きましょ~。

(ちなみに、写真はすべて友人提供です。)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。