スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ヨーコ・オノがパリ公演だってっ!?

 2006-02-18
んんんん!?なにっ!!とドびっくりしたyahoo記事↓
Yoko Ono chante la paix et l'amour au Chatelet pour ses 73 ans
(ヨーコ・オノ、73歳の誕生日にシャトレで平和と愛を唄う)

そんなの知らなかったのれす~~~~。

それも5ユーロだったなんて~~~~~~。

別段ヨーコ・オノのファンというわけでもないしあまりよく知らないのだけど(スミマセン)、記事内容を読むとなかなか前衛的なコンサートだったようで、面白そうだったなー、と。フルクサスに参加したアーティストだけあってのヴォイス・パフォーマンスだったのでは。それにしても73歳でコンサート…。すごい。

世界に平和と愛を呼びかける姿勢は、レノンとラブラブだった時代から変わってないみたいで、一貫していますね。
今回のコンサートは特にヒロシマとナガサキにおける原爆の犠牲者へ捧げられた部分が多かったようで、ヨーコ・オノの「断末魔の叫び」と共に、顔が変形してしまった女性や白い墓の列などの写真が大画面に投影されたそうです。そして俳優で映画監督、ミュージシャンのヴィンセント・ギャロが、ギターやキーボードでパフォーマンスに参加。

70分にわたるコンサートの終わりには、息子のショーン・レノンがひざまずいて白百合の花束を捧げ、「ボン・アニヴェルセール、ママン!」とフランス語でお祝いの言葉を述べたとか。そして2000人の観客はスタンディング・オベーション、「ハッピィ・バースデー」を大合唱したそうです。

060218222430.436ybf9u0_la-veuve-de-john-lennon--yoko-ono--lors-d-un-spectb.jpgヨーコ・オノは「I love you」というメッセージを世界中に伝えるように呼びかけ(観客にライトを配ったみたいだけど、記事を読んだだけでは正直どういうものだったかちょっとわからない…)、最後には「La guerre est finie, si vous le voulez(戦争は終わった、もしあなたがそれを望むなら)」という、ジョン・レノンと共に関わった平和運動でスローガンとして掲げたのと同じ文句を舞台上に映し出し、コンサートが終了。

ちなみに、この「One evening with Yoko Ono」と題されたコンサートは、アーティストが一晩好きなことをやっていいという、シャトレ劇場の「Pleins jours(全き日々…うううまく訳せない)」キャンペーンの一環として行われたそうです。

それにしても、オノ・ヨーコさん、とってもお元気そう…。ずっと若い私よりもエネルギーにあふれている感じ。やっぱりバイタリティー度が常人と違うのかなあ~。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。