スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Caricatures : la reaction de CFCM et le sondage sur les journaux ~諷刺画:フランス・イスラム評議会の反応と、新聞についての世論調査~

 2006-02-10
今日、キオスクに寄ったら今週のシャルリー・エブドがまだ沢山ありました。かなり増刷したのかな?

ムハマンドが泣いているイラストを一面に掲げ、デンマークの12の諷刺画を掲載したシャルシー・エブドに対して、とうとうCFCM(フランス・イスラム評議会)が告訴することを決めました。しかし苦渋の決断といった様相。
同じくデンマークの諷刺画を情報の一環として掲載したものの独自の諷刺画は加えなかったフランス・ソワールとリベラシオンは、今のところ告訴の対象となっていないとのこと。

2006年2月8日にCSAが行った電話による世論調査(18歳以上の1000人対象)では、54%が「モハメット預言者の諷刺画を掲載した新聞は間違っている、何故なら無益な挑発のもととなったから」と答えたそうです。対して、三割強(38%)が「表現の自由の名のもとに」イラストを掲載したのは正しいと答えています。
また、35%のフランス人がムスリムの間に起こった怒りに対して全く理解できないと答え、「どちらかというと理解できない」(18%)と総合すると半数以上(53%)がムスリムたちと感情を異にしています。理解を示したのは36%(うち「どちらかというと理解できる」が22%、「全く理解できる」が14%)。
さらに、78%の人が、数カ国で起こっている暴動の展開について、非常に不安を感じると答えています。
まあ、理解できないと余計に不安かもしれないけど…一体どういう不安なのか。その内容が気になります。

参照:
Yahoo Franceより

「Caricatures: le CFCM porte plainte contre Charlie Hebdo」(Reuters)
「Sondage: les journaux ont eu tort de publier des caricatures de Mahomet, estime une majorite de Francais」(AP)
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。