スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

キャンデロロ語録

 2006-02-26
冬季五輪、閉幕しましたね。って、閉会式見てませんが。ウラのTF1で「Rock」を途中から途中まで(ニコラス・ケイジがショーン・コネリーにびくびくしながら署名を求めてる場面から、二人がミサイルの化学部品の取り外しに着手するところまで)見てました。

それはそうと、今回の冬期五輪は隣国で開催されたので時差がなく、夜9時から11時のゴールデン・タイムに生中継でフィギュア・スケートを見ることができました。ペアはみそこない、男子とアイスダンス、女子のそれぞれ最後2グループを見ました。

で、五輪に限らず、国営放送のスポーツ中継になると必ず出てくる名物レポーターといえば、ネルソン・モンフォール氏。フランス語は勿論ですが、英語とスペイン語が話せ、インタビュー兼通訳をこなします。スポーツ全般に詳しいようですが、謎にフュギュア・スケートにはすごく詳しい。ジャンプやスピンの種類を即座に見分けて解説します。ただ、私が個人的に気になるのは、この人、演技が始まってもしばらく喋りつづけること。最近はもう慣れましたが、音楽が流れて演技が始まる緊張の一瞬、見ているこっちも自然と息を詰めているというのに、ずっと喋っているのでちょっといらいらします。
それから、フィギュア・スケートの解説者としてよく登場するのはアニック・デュモン女史。フィギュア・スケートのコーチで技術などに詳しく、的確な解説をしてくれます。各選手の演技を見た彼女の予想はほぼ間違いなく当たり、その目の確かさはさすがプロという感じ。
更に、今回はフィリップ・キャンデロロ氏(って、前回も解説者として出演してた??)。私はこの人、全然知らなかったんですが、日本では長野五輪で銅メダル獲得の超有名スケーターなんだそうですね。同僚の日本人女性は「昔、好きだったんですよー、あのキザなところがよくてー」と言っていました。なんでも、どんな演技だろうと、最後には上半身裸になっているとか…。なんじゃあそりゃあ~。そして、やっぱり日本で大人気というのは周知の事実なのか、ネルソン・モンフォールには「フィリップは日本語をカンペキに喋れますから」と言われていました。(嘘ですよ、喋れませんよ。)

というわけで、職場でキャンデロロの話でちょっと盛り上がりました。今回の五輪中継中、彼はなんだかヘンなことをいっぱい言っていたような…。
まず、何かにつけ、自分の話にしがち。まあ、現役のプロ・スケーターだから仕方ないのかもしれませんが…。例えば、「この曲はロマンチックでスケートを見せるのに最適。僕だったらどう見せるか考えてしまうなあ。次の公演にこの曲を使おうか」とか。また、本番前のウォーミング・アップの様子を解説中、ネルソン・モンフォールに「フィリップはウォーミング・アップでどんなことをやっていましたか?」と聞かれ「僕はねー、本番では禁止されてたスピンを披露していたね」とのお答え。もしかして目立ちたがりやさん?
それから、女子で荒川選手が金メダルを獲得したとき。「Ce soir, elle merite un bol de bon riz(今夜、彼女はおいしいお米を食べる褒賞を受けるに値する)」と言っていたし、同僚が聞いたところでは、女子フィギュアの始まる前、「これからsuper nana(素敵な女のこたち)がいっぱい出てきまーす」と言っていたとか。エキシビションでウクライナのアイスダンスペアがちょっと変わったリフトで始めたときは「僕とネルソンもこの体位を試したけどうまくいかなかったんだよねー」…ええっと…ネルソンも思わず沈黙。
更に、ちょっときわどい発言も。前回のソルトレイクシティでフランスの審判の不正疑惑が忘れられない大問題になったわけですが、今回のロシアのアイスダンスペアの演技を褒め称えるアニックに向かって「アニックはロシアからいくらもらったの?」。ひぇ~、あんなことがあったフランス人同士で言うことじゃないんじゃないの~。ちょっと黒いぞ、冗談が。アニックはすかさず「十分にはもらってないわよ」と冗談で返していましたが。

20060226234632.jpgキャンデロロって軽薄そうでやだ~と言う別の同僚によると、キャンデロロのコメントが面白い!と視聴者の評判がよく、その語録ダイジェストみたいのを中継の合間にやっていたらしい。「ほんとーに軽薄だったわよー」とのこと。それは見たかったなあ。
今回の五輪、私には選手よりもキャンデロロのキャラの方が印象に残ってしまいました。

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。