スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ウィリアム・クライン展

 2006-01-23
EXP-WILLIAMKLEIN.jpg展覧会の話が続きますが、今日はポンピドゥー・センターでやっているウィリアム・クライン展に行ってきました。

私がウィリアム・クラインを知ったのは、多分15年くらい前。きっかけは忘れてしまったけど、多分「CUT」とかその辺のカルチャー雑誌経由だったと思います。写真も見ていたはずですが、私にとってのウィリアム・クラインは、まず「ルイ・マル監督『地下鉄のザジ』のカメラ・ワークの人」でした。その後、カルト映画的な評判を聞いて「ポリ-・マグ-、お前は誰だ」を見る機会があり、正直、映画を最後まで見通すのは結構辛いものがあったのですが、20060124005508.jpgスチール写真はやっぱりすごくかっこよくて(まあ静止絵の方がいいともいえる…)、それ以来ウィリアム・クラインは私の中で特別なアーティストとして分類されています。

パリに来てから、一度ウィリアム・クラインの映画特集があり、「Mister Freedom」「Le Couple Temoin」「In & out of fashion」を観に行きました。そして、当時よく買っていた「Les Inrockuptibles」という雑誌に彼のインタビューが載っていて、日本でクライン特集をやったら絶対うけるのにーという歯がゆい思いもあり、ちょうど日本の某雑誌社が社員募集していたので、そのインタビューを辞書を引きながら読んで短い原稿を書いて応募したこともありました。(結果はなしのつぶてでしたが。まあ原稿は量的制約もあり、自分自身でもつまらんなあと思ってしまった内容だったので仕方ありません。)
ちなみに、実際、その1年か2年後、東京でクライン映画特集が催されたようです。盛況だったのかどうか知りませんが、カヒミ・カリィ嬢とか川勝氏とかかんでいたようだから、当時の渋谷系の流れの人たちが食いついてくれたことでしょう。


さて、前置きはこれくらいにして。
一番の感想→すっごくよかった!!
ウィリアム・クライン好きですから、まあね。

あと、ウィリアム・クラインというと、やっぱり赤だなあ。赤と黒。という印象。
もうひとりのクライン、イヴ・クラインは青ですが…。
とは、同行某氏もおっしゃっていたが。

ウィリアム・クライン展 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。