スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

妖怪展

 2006-01-22
もう3日も前のことですが、日本文化会館で開催中の妖怪展をみに行ってきました。
yokai.jpg昨年10月26日から開催されていて、地下鉄構内のポスターで知って気になっていた展覧会。水木しげるファンという友人と一緒に行く約束をずいぶん前からしていたのですが、暮れは「師走」、忙しいので年明けに。呑気な人たち(友人+同居人+私)なせいか、閉幕間際となってしまいました。この展覧会は1月28日までです。

日本文化会館の2階にある展覧会場に入ると、中は薄暗く、壁も天上も濃いグレー、壁面にはめこまれたスピーカーから「ヒュ~ドロドロドロ…」という効果音が静かに流れ、なんだかオバケ屋敷に来たみたいです。
しかし、室町時代・江戸時代の巻物に描かれた妖怪たちは陽気な雰囲気。解体した人間をつまみに…なんてちょっと恐ろしげだけれども、桜の下で楽しげに酒盛りしてたり。
陽気でないものはおどろおどろしさがあるけれど、暗さはない感じ。
そして、妖怪といっても人間からそう遠い生き物ではない感じで、これってただ人間を醜怪にしただけじゃないの?というものあり、動物を人間化したものあり。
河童などは後者でしょうか。古い河童絵などみると、「ゴジラ?」という顔の河童やガマガエルっぽいのがいました。
ところで、一番印象に残ったのは、葛飾北斎の妖怪絵。版画ですが。馬琴の怪談の挿絵で、見開きまるまる2ページ使ったものが4点(だったと思う)出展されていました。計算された(と思われる)構図のかっこよさ、背景黒のグラデーションの美しさ、線の細かさなどに魅了されました。美術に詳しい友人によると、あの時代の浮世絵師は依頼によってたいてい何でも描いていたそうで、浮世絵師の妖怪絵はあまり珍しくないみたいです。絵師によっては春画なんかも結構あるんだろうな。
展覧会最後部には妖怪マンガ。水木しげるの原画や岡野玲子、花輪和一など。
名前をちゃんとチェックするのを忘れたのですが、ガロ系マンガの奇怪世界が面白かったです。漢方を買いに行ってくれと頼まれた猫が、途中、道端で売られていた頭の山に惹かれてつい買い食い。「だまされた。大きさのわりにタネがでかい。たべるところがあまりない。」とかなんとかいうやつ。(誰か名前がわかったら教えてください。)蛭子能収があってもよかったかなと思ったけど、奇怪とはいえ、あれは妖怪マンガではないですね…。(というか、それを言ったらガロのマンガのほとんど全部が奇怪世界か。)

私が行ったときはノクターンだったせいもあってか、ちょっと混んでいました。お客さんのほとんどがフランス人。そして、この展覧会のカタログは売り切れだそうで、かなり好評を博しているみたいです。
興味のある方はお早めに~。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。