スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Une longue resonnance des propos d'Alain Finkielkraut ~アラン・フィンケルクロート発言の長き余韻~

 2006-01-10
再びアラン・フィンケルクロートです。(ああ、本当はもういやなんだけど…。「サルコジ」という名に反応するように、「フィンケルクロート」という名に反応するアンテナが確立してしまったようだ。)

昨年暮れにリベラシオン紙に掲載されていたアラン・フィンケルクロートに関する記事を、chaosmosさんが翻訳しています。
イスラエルの新聞に載ったインタビューで世間を騒がせてからはや1ヶ月以上が経過した後も、メディアで知名度をあげた知識人だけに、当のメディアでその余韻は長く続いているようです。というか、さらっと流せない、見過ごせない問題を含んでいるのでしょう。

以前、コメント欄にリンクを貼ったのですが、2005年11月28日にFrance-Cultureというラジオ局で討論があり(もう聞けないようですが一応リンク)、フィンケルクロートはまたもや熱弁をふるっていました。
で、先日、それについての記事がル・モンドに掲載されていました。
Alain Finkielkraut en revelateur des passions, par Monique Dagnaud(ネットでは1月5日発表、1月6日付紙面掲載)
今になってなぜ?とちょっと疑問ではありますが、時間が経っても留意しておくべき問題なのかもしれません。

上記のル・モンド記事によると、問題のラジオ討論に対する意見が例外的に多数寄せられ(トータルで457通)、うち355通がアラン・フィンケルクロート自身や彼の発言に関するものだったそうです。
finkiel.jpgフィンケルクロートに関する意見はどのような内容のものであったか?筆者である社会学者のモニック・ダニョー女史の分析によると、267通(75%)がアラン・フィンケルクロートを強く支持、88通(25%)が彼を激しく批判した内容だとか。ところで、こういった意見を寄せた聴取者は、定期的にFrance-Cultureに周波数を合わせている人たちだったらしい。このラジオ局は文化的・知的な番組が多く、フィンケルクロートが出演した討論も、知識人層が多く耳を傾ける番組内において。つまり、反応を示した聴取者たちは、教育関係や社会活動、その他の知的職業に携わる人たちであったとのこと。また、彼らの多くは左派思想を持つ人、またはそれらしき人びと。そして、ここに逆説めいた分析が現れるのですが、彼らはフィンケルクロートが批判したところの「ボボ、社会学者、社会的な仕事に従事する人々」、「暴徒たちを差別によって許す観念で精神を曇らされた人々」であるわけです。
モニック・ダニョー女史は以下のように記事を結んでいます。

知的混乱の真っ只中で、教養のある層はソフト・ウェアを変えているところなのだろうか?公の場に介入しながら、彼らの変化と疑問の表現を大光の中に透かし見せるために、この討論の機会をつかんだのであろうか?今度は彼らの番として、既に十分定着した運動を膨らませて大きく見せるためにやってきたのであろうか?

アラン・フィンケルクロート周辺の聴取者の熱狂の説明は次の二つの間にある:ラジオの精神を象徴するプロデューサーに対する律儀さと敬意、そして教養ある層の多数意見の変化?延長、または知的な揺動?もし今回の件が後者であったのなら、メディアの情熱は美しい未来を約束されている。



うーん、なんとも…。
自分自身とフランスの一般知識層とのズレを感じずにはいられません。悩む。

Une longue resonnance des propos d'Alain Finkielkraut ~アラン・フィンケルクロート発言の長き余韻~ の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。