スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Le cinema en France  ~フランス映画事情~

 2006-01-08
一昨日だったか、TVで2005年の映画館動員数が前年に比べて減ったというニュースをやっていました。
しかし、その「前年」である2004年こそ例外で、過去20年間で最も動員数が多かった年。それもTVのニュースで見た覚えがあり、つい昨日のことのように思い出しました(って、比喩表現ですよ。)
「例外」なまでに動員数を押し上げたのが「Les Choristes」。私は未見ですが、ずいぶん評判になったようです。
そういえば、一昨年日本に一時帰国したとき、たまたまこの映画に出演したソプラノの少年が来日してTVに出ていて、天使の声と絶賛されていました。しかも「赤い靴」を日本語で歌ってくれて。全くわからない外国語で歌える=歌詞を覚えて発音もちゃんとできる、ってすごいなあと感心したのでした。しかし、あれってやっぱりPR活動だったのかな…。
一昨年は「Les Choristes」を筆頭にフランス映画の動員数が例年より多かったということですが、昨年はあまり振るわなかったみたいです。20060109020258.jpg最も観客を呼んだフランス映画は「Brice de Nice」(「Un gar et une fille」でお馴染み、ジャン・ドュジャルダンのバカ映画…)だそうですが、「Les Choristes」の入場者数の半分。
しかしフランス映画に限らず、旋風を巻き起こすような映画に乏しかったようです。「スター・ウォーズ」くらいだったのでしょうか。
とはいえ、それでも、前々年の2003年より0.8%のアップ(微妙…)。

映画館離れは、DVDの普及も影響があるかもしれません。ネット上で交換し合うのも、また一因なのかも。
まだDVDになっていない映画がネット上に流れている場合、映画館内での盗撮だったりするそうで、友人は最新アクション映画をダウンロードして見たところ、最後のクライマックス直前でその撮影者は映画館を出てしまったらしく、途中で切れていたとか…。

20060109015315.jpgさて、映画つづきで、カンヌ映画祭の話題。
今年の5月17日から28日に催されるカンヌ映画祭の審査委員長にウォン・カーウェイが選ばれました。中国人監督が審査委員長を務めるのは初めてだそうです。
2000年にカンヌ映画祭に出品された「In the Mood for Love」は、フランスで大変評判がよく、去年のヴィレット公園野外上映の最終日でも、観客による投票によって「最高の映画」として選ばれ上映されました。
しかしキムタクも出たという「2046」についてはとんと耳にしませんでしたが(映画に無関心な日々を送っていたら当たり前か)…評判はどうだったのでしょうかね。

参照:Le Mondeより
「En France, la frequentation des salles de cinema a baisse de 10 % en 2005」
「Wong Kar-wai president cannois」
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。