スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Les Antilleais n'ont pas voulu recevoir Sarkozy ~アンティル諸島の人々に反発くらったサルコジ~

 2005-12-08
11月末に植民地化運動の歴史についての法律(特にひとつの条項)が問題となり、じりじりとその火がくすぶりつつ、ここへきて新聞の一面に載るところまできました。

問題となっているのは2005年2月23日制定法の第4項で、「学校の教育プログラムにおいて、植民地運動においてフランスの肯定的な役割を認めること」という文が含まれているもの。全文フランス語はこちらのArticle4
これの廃止を求める決議が11月末に行われたのですが、右派多数により却下されました。この直後、アルジェリアの新聞は遺憾を表明。

そして議論はある場所では続けられていたわけで、12月7日、マルティニク島とグワドループを訪問する予定だったサルコジ内相は、フランソワ・バロワン海外県相に諭されて現地市民に歓迎されないことを察し、日程を延期することとなりました。
詩人でフォール・ド・フランス名誉議員であるエメ・セザールセゼール氏は「内相を迎えるつもりはない」と明言。氏は「ネグリチュード(negritude)」という、元フランス植民地の黒人たちのアイデンティティを要求するという態度を唱えた人。反・植民地化運動の信念を持った人です。
アンティル諸島ではサルコジ内相の人気は本土ほどではないようです。

これも郊外のあれやこれやと関連があるのかな…とちょっと思います。
というのも、フィンケルクロート(またか、と思われる方もいらっしゃるでしょうが…私自身もこの名前を出すのがちょっといやになってきている…)が、一連のインタビューで植民地化運動に触れ、「植民地化運動の歴史をもって共和国を非難するような教育は憎悪を煽る」(ル・フィガロのインタビュー中)「植民地化運動に犯罪的な面もあるが、それだけではない」(ル・モンドのインタビュー中)と述べています。
また、フランス海外県であるアンティル諸島から本土へやってくる人の多くが問題の起こった「郊外」に住んでいるため、サルコジ内相の「racaille(社会の屑)」「karcher(高圧洗浄器)」発言で反感をもったという話も。

たしかに、ネガティブな面だけを教え込むのはどうかと思うけれどある事実についてネガティブな評価をもつ語だけを使って教え込むのはどうかと思うけれど、だからといってポジティブな面を教えなければいけないというのはどういうことなのか…と強く疑問です。何より、それが法律で決められているということが納得できません。
その点で、11月30日付けのル・フィガロに載った歴史家マックス・ギャロの論説は同意できる内容でした。(100%ではありませんが。別枠で追記します。)一応翻訳したので後で上においておきます。

ただ、今回のアンティル諸島のサルコジ内相拒否に到る前、どうも気になっていたのが、この法律に関する論争が北アフリカ(特にアルジェリア)のことが中心になって展開しているらしいことでした。マックス・ギャロの文の中に出てくる例も、アルジェリアとインドシナばかりです。
また、今日付けのル・モンドによると、サルコジ内相はテレビ・インタビューで、問題になっている法が「北アフリカのことを対象としたもの」と述べたそうですが、条項に目を通してみると、「海外、特に北アフリカ(outre-mer, notamment en Afrique du Nord)」となっており、北アフリカだけを対象にしているわけではなくすべての海外植民地のことを指しています。
それで、現在フランスの海外県となっているアンティル諸島やニュー・カレドニア、タヒチなどのことはどうなわけ??と疑問でした。まるで植民地化されたことが忘れられたかのように議論の中に入っていないわけです。やっぱり今でもフランス国なわけだから、植民地扱いするにはデリケートすぎる関係があるのでしょうか。

といって、アンティル諸島の人たちが反発の声をあげた以上、もう無視できない状態となったわけですが。

※12月9日 加筆・訂正しました。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。