スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Sarkozy IZNOGOUD ~サルコジ=イズノーグゥゥゥッド~

 2005-12-06
インターネット大作戦や陰謀がそこここで繰り広げられている昨今、猫屋さん宅でおもろいグーグル戦略を発見。

「sarkozy」というキーワードでグーグル検索すると、そのキーワードのリンク先でクリック数の多いサイトが出るらしい。それを利用して「sarkozy」から「IZNOGOUD」という映画のサイトへのリンクをたくさん貼り、sarkozy=IZNOGOUD(サルコジ=イズノーグッド)という検索結果を出させよう、という仕組み。逆もまた然り?「IZNOGOUD」をグーグル検索するとサルコジ氏の履歴紹介ページが出てきます。

で、この「IZNOGOUD」という映画はハチャメチャ大魔王ミカエル・ユーン、憎めないコメディ王ジャック・ヴィルレ(急逝してしまった)出演。映画自体、BD(フランスの漫画)をもとにしていて、天神茄子さんが猫屋さん宅のコメント欄に残された情報によりますと、Iznogoudという人物は「カリフになろうとして陰謀をたくらむけれどいつも失敗する」という役回りらしいです。iznogoud.jpg更に猫屋さんが見つけて貼ってくださったリンク先を読むと、フランスでは児童書として有名な「Petit Nicolas(プチ・ニコラ)」から生まれた人物。ニコラの夏の林間学校のエピソードの中で、なかなか昼寝しない子供たちのために指導員が語って聞かせるのが大臣とカリフ(国王)の話。そこから作者ゴシニが独立させて描いたのがIznodoudとうい大臣とカリフのBD。
ちなみにこの人物は「Petit et mechant(小さくて意地悪)」という設定。
…なんか色々とサルコジ氏の暗示を見つけてしまうのは、私の視線が悪意に導かれているせいだろうか…。

えいっ、sarkozy IZNOGOUD であなたもクリック!
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。