スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Le Nouvel Obsevateurの「新反動派」特集

 2005-12-05
(3日間インターネット接続不通だったため滞っていた更新をまとめてやってます。)

Le Nouvel Observateur12月1日号は「Les Neoreacs(新反動派)」特集です。その中で取り上げられている知識人の中に、アラン・フィンケルクロート、アンドレ・グリュックスマンも入っていました。本文中では他にエレーヌ・カレール・ダンコス、表紙で紹介されているのはミッシェル・ウエルベック、ニコラ・サルコジなど。
これを読んで、よく知らなかった今までの流れ、フィンケルクロートやグリュックスマンの発言に到る流れが多少わかってきました。

特に明確な枠組みを与えてくれたのは、新反動派の考えの特徴として挙げられている4つの点。以下、要約。
?9.11テロ以来、世界は「欧米対反欧米」の戦争の真っ只中にある。
?この戦争には、ジョゼ・ボヴェに代表されるような「極左」という諜報員がいて、イスラム主義につながっている。そして反ユダヤ主義を再興させている。また、移民による反共和国主義・反ユダヤ主義的暴力が郊外の暴動やテロリスト養成に役立っている。
?「お役立ちお馬鹿さん」たち、つまり左派は、現実にある憎悪や危機を認めようとしないで、アメリカの管理努力をないがしろにしている。彼らは、罪の意識によってすべての歴史的要請や他の文化を尊重するあまり、西洋を弱体化させていることがわからない。移民の同化はありえないし、彼らの「許しの文化」が郊外の少年犯罪を増加させている。
?この「お馬鹿さん」たちは、進歩主義の終わりと、共和国的・ユダヤ-キリスト教的価値の解体を示しているに過ぎない。消費とメディアによる無秩序状態が広がり、西洋の社会と道徳を崩壊させている。民主主義は信頼も規則もない、ただの空虚である。我々は頽廃の中にいる。

私はこれで少しグリュックスマンの論説が解読できた気がしました。
ところで、先に別の感想を言っておくと、グリュックスマンは「フランスの農民が暴力に訴えることが伝統的・文化的『フランス人気質』だとしたら、意思表示が暴力的であるという点で暴徒達はフランスに同化しているのだ」と指摘していますが、この論理の進め方・文章の書き方の中に皮肉的・冷笑的なものを私は感じました。
さて、グリュックスマンは外交の例も挙げ、フランスにニヒリスト的状態が広がってきていると強い調子で非難しています。が、私がいまいちわからなかったのは、グリュックスマンが言わんとする「ニヒリスト的状態」そのものです。
Le Nouvel Obsの記事を読んでわかったのは、ニヒリスト的状態とは、フィンケルクロートが意味するところの「反共和国主義」が興隆してきた状態と同じらしいこと。つまり、「頽廃」。グリュックスマンの記事中の農民描写はジョゼ・ボヴェを連想させられましたが、ジョゼ・ボヴェと郊外の「暴徒」の同一視がグリュックスマンにとっては自然なことであったようです。共和国を頽廃させている「敵」。ただし、フィンケルクロートと異なる点は、彼がイスラムに焦点をあてているのに対し、グリュックスマンは内部の崩壊を指摘しています。しかしまさにこの点で、当のグリュックスマンの方がニヒリスト的であり、現在のフランスに対する嫌悪・憎悪が強くあるように感じました。
ちなみに、Le Nouvel Observateurの中で、フィンケルクロートは懐古趣味という意味で新反動派であると言われています。彼は「昔のフランスは良かった」というノスタルジーに浸っている、と。

ところで、フィンケルクロートのインタビューとグリュックスマンの論説を翻訳して紹介したのは、それらに賛同してのことではありません、ということをコメント欄では書きましたが本文中で説明していませんでした。コメント欄に目を通さない方も多数いらっしゃると思うので、もう一度明言しておきたいと思います。旧ヌーヴォー・フィロゾフたちの意見は私の考えとほとんど正反対です。
では反対位置からの意見が私たちの読めるところに出てきていないのか、というと、どうもこれといって見当たらない(っていうか血眼になって探しているわけでもないけど…)のですが、Le Nouvel Obsの中でジャック・ランシェールの最新刊「La haine de la democratie(民主主義の憎悪)」が引用されているのをみると、こたえが先にその本の中に書かれてしまっているのかも…という予感。

Le Nouvel Obsevateurの「新反動派」特集 の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。